PR
TOP > ハード関連 > NAS「HDL-GX500R」を500GBから2TBに換装してみた

NAS「HDL-GX500R」を500GBから2TBに換装してみた

img713_01.jpg


iPadは自炊した漫画や録画した動画を、iPhoneは音楽を、と棲み分けをしながら使ってきましたが、その中心にあるのは常にデスクトップPCでした。つまり、デスクトップPC内にデータを保存し、それぞれのガジェットに保存するというやり方。しかし、この方法は常に「PCを起動する」というのが前提にあり、モバイルガジェットを上手に使えてない感がずっとつきまとってきました。

しかし、NASに対応したiOSアプリの「File Exploler」を導入したところ、iPadとのデータ連携がとても便利になり、しかも、撮り溜めた動画もPCを通して転送する必要がなくなり良いことづくし!さらに、他のアプリも続々とNASに対応しており、PC主体のデータ環境が一変してしまったため、「だったら、NASのHDDを換装して容量を拡大してみよう」と思いつきました。


結果的にいうと大成功ではありましたが、ここに至るまで紆余曲折があり、作業してからだいぶ時間が経ってしまったため、今となってはメモしと写真しか残っておりません。
このメモを見て、他の方の参考になるか分かりませんが、気付きのヒントになればと思い、念のためまとめてみました。

今回の換装には、下記のブログを参考にしました。

 Dococo wiki: HDL-GX320R HDD換装
 そらかぜ工場Blog: Giga Landisk HDL-GX500RのHDD交換
 電源LEDはグリーンがいいなあ: HDL-GX250 改造&HDD交換
 パッション通信: IO-DATA LANDISK HDL-GXR 内蔵HDD交換手順
 ふかくてい日記2: Giga LANDISK HDL-GX500R に Telnet接続
 We're on the road to nowhere.: IO-DATA LANDISK HDL-GX500RのHDD換装
 データ復旧のパソコンサポートやまもと: 壊れたLinkstationなどNASのHDDを直接Windowsパソコンで読み出すための方法



1.ファームウェアを更新
公式サイトよりファームウェアをダウンロードし、最新であるVersion1.17に更新します。
後ほど立ちふさがる数々の難関の原因が新ファームにあるかと思いましたが、そんなことありませんでした。


2.HDDを取り出し、Telnetを有効化
LinuxフォーマットのLANDISKのHDDを弄れるよう、PCに認識させないといけないのですが、

 ・knopix(CD-ROM起動のLinux)を起動し、HDDを接続しても認識しない
 ・Ext2Fsdをインストールし、SATA/IDE-USB2.0変換アダプタに繋いでも認識しない

と八方塞がりでしたが、デスクトップPCにSATAで直接HDDを接続することで、ようやく認識。
「Ext2 Volume Manager」を使ってWindows上で作業しました。
使い方は、あの山のむこうに...さんの記事を参照してください。

認識前
img713_03.jpg

認識後(Fドライブとして認識)
img713_04.jpg


3.交換用HDDを接続
取り外したHDDを元のLANDISKのケースに戻し、背面のUSB2に換装する新HDDを接続します。
そして、赤く点滅するSTATUSランプ。
telnetにてHDDを接続する必要があるため、Tera Termを使ってログインしようとしたものの、「接続に失敗」となり、またも頓挫。
しかし、よく見たら、ブラウザからコピーしたため、IPアドレスに http:// が付いていたのが原因でした…。

ようやく、HDDを弄れるようになったと喜んだのも束の間。
fdisk /dev/sdb
をしてもHDDを認識しません。
どこぞに「領域開放した状態で」とあったので、LANDISKのWEB管理画面より「フォーマット」してみたけど駄目。
仕方なく、管理画面より「ディスクの削除」をしてみたりしました。
そのタイミングで、変換アダプタをもう一台持っていたことを思い出し、アダプタを変えたら無事認識しました。


4. 交換用HDDの準備
システム領域をコピーし、拡張パーテーションを作成。そして、フォーマットを行います。
別館 子子子子子子(ねこのここねこ)」さんの記事では、作業中に表示されているログまで書かれているため、自分の作業と見比べながらやると良いです。
流れと必要な記述だけ確認したいのであれば、「We're on the road to nowhere.」さんの工程4~8を参照してください。

一通り終了したら、telnet上にてシャットダウンし、LANDISKのケースに換装用のHDDを入れ、電源を入れ直します。


5.telnetよりRAIDを再構成
これがとても時間がかかります。もしかしたら丸一日かかってたかもしれません。
完了したら再起動した後、パーミッションを書き換え、LANDISKにアクセスできるのを確認して終了です。
データの復元は、別の外付けHDDに避難していたものを二日がかりで行いました。


Linuxやtelnetなど、難易度はやや高めなので万人におすすめはできませんが、その分、成功したときの喜びもひとしお。HDDがいつ壊れるかと心配でしたが、これでしばらくは大丈夫かもしれません。

さて、この環境になってから既に2ヶ月ほど経ちましたが、その便利さの享受は相変わらず。周りにNASの素晴らしさを広めていますが、使ってみないとこの便利さは分からないかもしれないですね。大容量NASとして生まれ変わった「LANDISK」と、外出先でも自宅にある音楽が聴ける「Pogoplug」で、僕の生活はさら便利に!
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます