PR
TOP > ハード関連 > 「ScanSnap S1500」のパッドを自作・交換してみた

「ScanSnap S1500」のパッドを自作・交換してみた

img709_01.jpg


調子よくスキャンを続けていた僕は、本日のノルマを超え、
更なる高みを目指し次の束に手を伸ばそうとしたところ、
突如、重送(紙が重なって出てくること)の連続。
原因は交換目安をとうに過ぎ、摩耗しすぎたパッドに依るものでした。

パッドは交換パーツが販売されていますが、必要なのはゴムの部分のみ。
となれば、「ゴムを切り出せばいいじゃない!」ということで、
パッドのゴムパーツ自作し、交換してみることにしてみました。




各所によると、エラストマーゴム板がおすすめとのことでしたが、
手に入りやすそうな2mm厚の黒天然ゴム板にしてみました。

さっそく、ホームセンターに行き探してみたところ、
そもそも2mm厚のゴム板がほとんどない。
大体が1mm、3mm、5mmなんですね。初めて知りました。

そんな中、ようやく2mm厚のゴムロールを発見。
黒天然ゴム「系」というのが気になりますが、背に腹は代えられません。


img709_02.jpg



また、必要アイテムとして穴あけポンチ(1mm)とありましたが、
今回はなるべく安価に済ませるべく、ポンチは使用せず、デザインカッターのみで作成しました。


ゴムパッド作成方法



まず、本体からパッドユニットを取り外します。
金具をスライドして外すことにより、ゴムパッドも外せます。
この際、下に敷いてある白い板がどのように設置されていたか、しっかり覚えておきましょう。
(写真を撮り忘れていたため、既にゴムパッド交換後になってます。)


img709_03.jpg



次に、高さを合わせてざっくりと切り出します。


img709_04.jpg



このまま純正品を型紙代わりにして、重ねたままざくざく切り出し、
微調整し、ついでに穴の位置も上からデザインナイフを刺し、できたものがこちら。


img709_05.jpg



大体で作った割には、きちんとはまりました。
それほど精密でなくても大丈夫かもしれません。


img709_06.jpg



そして、緊張のスキャン!!
……と思ったら思いっきり重送してる!


ゴムロールを使ったため、丸まってゴムがうまく紙を挟んでいないと判断し、
ゴムを上に持ち上げたりして、なんとか一枚ずつ送り出せたと思ったら、また重送。
しかも、白い表紙に黒が移ってます……。

失敗かと思われましたが、100~200枚あたりスキャンしたところで、重送も黒移りもしなくなりました。
多少削れることにより、接地面が増えたのかもしれません。


img709_07.jpg



交換してから5,000枚ほどスキャンしましたが、
今では調子よく動いています。大成功!!


ちなみに、これを作る前に手元にあった1mm厚のゴムロールで試して失敗したのですが、
余所では1mm厚でも問題ないようですので、
今回と同様、初動の接地面の少なさが失敗の理由だったのかもしれません。
もっと早くに気づいていれば、出費なしで作れたと思うと、悔しさもひとしおです。



さて、次はピックローラーの寿命が近づいてきていますが、
やすりで溝を作ることにより、グリップ力が復活するらしいので、
延命処置としては覚えておいても良いかもしれません。

関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます