PR
TOP > 【ゲーム】 報告 > 任天堂が送るイチオシ塗りつぶし陣取りアクションゲー「スプラトゥーン」を体験してみた。

任天堂が送るイチオシ塗りつぶし陣取りアクションゲー「スプラトゥーン」を体験してみた。

img706_01.jpg


WiiUにて、インクを撒き散らして陣取り合戦を行うアクション「スプラトゥーン」が発売となります。

マスクのような目の縁が特徴的なキャラクターが以前から気になってましたが、
公式サイトで流れる軽快なミュージック。
そして、人型とイカ型を駆使して駆け抜けるアクション。

「これは来るな…!」と踏んでいたら、想像以上の猛烈プッシュでした。




そんなプッシュに輪をかけるかのように、
先日、決められた日程のなか自宅にて対戦プレイができる体験イベント
「スプラトゥーン 完成披露試射会」をやっていたので、これはチャンス!と早速プレイ。


まずはチュートリアルから始まります。
いきなり、さまざまにデコったキャラが出てきてテンションがあがりますが、
実際はシンプルな衣装だったので、早とちりは厳禁。


img706_02.jpg



視点切り替えや攻撃方法、イカに変身してインクの中を泳ぐといったひと通りの基礎説明をされ、
練習するまもなく対人プレイモードへと移りました。

ここで、初めて武器が4種類あることを知ります。
そして、ニンテンドーeショップで予約すると試射会の間だけ見た目が変わるという特典が押し出されてましたが、
たった一日のうちの数時間限定の特典にどれだけの人が魅力に感じたのか疑問に思いました。


img706_03.jpg


対人プレイの様子も写真に収めたかったのですが、
まごまごしている間に陣地は塗りつぶされるわ、相手チームにばんばん撃たれるわでそれどころではありません。


ゲームについては、確かに楽しい!
とは言いつつ、一時間という限られた時間の中でしかプレイできないため、操作がおぼつきません。
でも、しっかりと覚えたら駆け抜ける疾走感にハマりそうです。

ひと通りの武器を試してみましたが、勝敗が陣取り(フィールドの塗りつぶし)なので、
広範囲を手軽に塗れて、しかも敵を一掃しやすい「スプラローラー」が圧倒的だな、と思いましたが、
案の定、ネット上でも同様のことが言われていました。

対人プレイでの「スプラローラー」の強さはバランス調整して欲しいものの、
ストーリーモードがチュートリアルのように風船割ったりするようなものであれば、
他の武器の活躍する場面もぐっと増えるでしょうね。



ちなみに、対人プレイで人が集まるまでの待機時間は、
WiiUコントローラーに昔のナムコのようなレトロゲーム調のスタート画面が出てくるのですが、
「お、写真写真。カメラが映り込むから暗いところへ移動しなきゃ…」とちょっと離れるとこの始末。


img706_04.jpg



なお、ニンテンドー オフィシャルUKストアではスプラトゥーングッズを展開しているようですが、
お膝元である日本で展開しないのがホント不思議でなりません。
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます