PR
TOP > 【レトロ】 改造・分解 > EPROMカートリッジ製作に挑戦 (その3:マッパー1[MMC1]編)

EPROMカートリッジ製作に挑戦 (その3:マッパー1[MMC1]編)

パッチをあててマッパー1に対応した『VS.マリオ』ですが、先日はROMを分割し、1MbitのUV-EPROMにデータを書き込むところまで行いました。
今回はカートリッジに載っているマスクROMをEP-ROMに差し替えるところまで行います。


マッパー1といえばMMC1カートリッジ。
生け贄として『めざせ三冠王 ベースボールスター』を用意しました。
安いし、よく見かけるうえ、バッテリーバックアップ付き、ということなし。
まさに“三冠王”の名にふさわしいソフトと言えます。

baseballstar.jpg

これを分解し、基板を取り出します。
カートリッジの分解はばくてんさんの記事で紹介されているマイナスドライバー一本のみで分解する方法がオススメ。
とは言え、完全に無傷で分解できるかはカートリッジと腕次第なので、そこは自己責任でお願いします。

まずは、取り出した基板からCHR-ROMとPRG-ROMを取り外します。
この時、はんだごてとはんだ吸い取り機が一緒になった『はんだシュッ太郎』があると通常の3倍くらいのスピードと1/3の負担(当社比)でROMが外せるので、電子工作をする人にはかなりオススメ。


ROMを取り外し終えたら、EPROMの足を折り曲げ、はんだづけを行います。
最初は「何をどうつなぐのかさっぱりわからない…」という状態だったのですが、よくよく見ていくうちに理解を深めることに成功。

要は、
 ・マスクROMのアドレス(?)に対し、EPROMのアドレスを合わせてやる
 ・マスクROMもEPROMも基本的なアドレスは大体一緒
という事。
それさえ分かればあとはピンアサインを追うだけです。


各種カートリッジ・EPROMピンアサインは海外サイトnesdevの「cartridge hardware」項目にあるNES ROM Pinoutsを見れば分かりますが、その中から、

 ・カートリッジピンアサイン → NES ROM Pinouts
 ・EPROMピンアサイン   → EPROM Pinouts

を参照してください。


先日の記事に書いた通り、今回使用しているのは
 ・カートリッジ → CHR: 128kByte(32pin) PRG: 128kByte(28pin)
 ・EPROM    → 27C1001: 128kByte(32pin)
そこで、上記ピンアサイン表から該当のものをだけをピックアップしたのがこちら。

rom_pinouts.jpg

記号の意味についてはZimaUraさんが解説しているので省きますが、「NC(Not Connected Internally)」はどこにも繋がらないピンになるので注意。

あとはばくてんさんが書かれている通り、

PROMの Vpp や PGM は Vcc へ配線、EPROMの /OE は /CE へ配線。
ROMイメージより大きい容量のEPROMを使用した場合は、容量に応じて使用しない信号( A18,A17,A16,A15,A14 )をGNDにそれぞれ配線。


に習い、指示通りに繋げていきます。

▼ CHR ROMのEPROM
01: Vpp → 30: +5V
02: A16 → 24: A16
22: CE → 31: CE
24: OE → 02: OE
30: NC → 未接続
31: PGM、32: Vcc → 32: +5V

▼ PRG ROMのEPROM
01: Vpp、31: PGM、32: Vcc → 28: +5V
02: A16 → 22: A16
22: CE、24: OE → 20: CE
30: NC → 未接続


テキストだけだと分かりづらいかと思いますので、参考までに僕が製作したMMC1基板を掲載。

mmc1_omote.jpg

mmc1_ura.jpg


そして、緊張の実機テスト。
とりあえず手近にあった1,770円で買った『PORTABLE GAME CASSETE COMPUTER』で起動。

vsSMB_mmc1.jpg

映った!!
刺さりが甘かったりするとスタート画面が水中のようなステージになりますが、とりあえず起動も問題無さそうです。
念願のカセット化に成功し、あとはラベルを作るだけとなりました。

初めは、PRG ROMについては実際のマスクROMよりサイズが大きいEPROMを使用することに抵抗がありつつも、ソケットを噛まさず基板に直接はんだづけしたおかげでEPROMの足も切ってしまい、背水の陣で臨みましたが、無事成功して良かった。
次は『スーパーマリオ2』(マッパー4[MMC3])のカセット化に挑戦してみようと思います。
関連記事

この記事へのコメント

- ファミコン現役 - 2010年11月07日 21:32:54

完成オメ動ございます。

ちなみにアメリカでは、自作した上で量産して売ってしまっているショップがございます。
著作権が気になるところ

- ゆーすけ - 2010年11月07日 23:12:35

ありがとうございます。
他の人から遅れること○ヵ月、ようやく念願のEPROMカートリッジを製作することができました。
とはいえ、何度か動いたモノの今では起動せず…。

海外サイトのMMC3製作例では「PGM」はNCなんですよね。
また、PRGの「OE」はGNDじゃないかと…。
と怪しさが全開ですw

ちなみに、そのショップについてはTwitterで知りました。
よく見てたサイトでしたが、さすがにあれはマズイですよねw

- ツボック - 2010年11月09日 20:06:47

こんばんは、ツボックです。
完成おめでとうございます。
ピンアサインは、大変参考になりました。

私なんか作ろう作ろうと思いつつ、未だに出来ていません。
部品は、全て揃っているのに・・・・。

- ファミコン現役 - 2010年11月09日 22:58:48

やはり例の店知っていましたか
やっぱり著作権で危ないですね

- ゆーすけ - 2010年11月10日 00:49:58

>ツボックさん
ありがとうございます!
結局、その後VSマリオの起動率が格段に落ちたのですが、作り直したことにより復活。
若干配線が異なってるので、後で直したものをアップします。

僕も遅れに遅れましたが、一度理解すれば結構簡単でしたよw

>ファミコン現役さん
あれは完全にクロですよね。
買ってはいけないと思います。

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます