PR
TOP > 製作 > カッティングシートを使って『マリオ痛ノートPC』を作ってみた

カッティングシートを使って『マリオ痛ノートPC』を作ってみた

前回、透明シールを使って勝手にスーパーマリオ25周年記念モデルを自作しましたが、台紙が乳白色だったせいか、グレーや白の本体にしか馴染まず、黒などの色が濃いものでは台紙が汚く見えてしまうという欠点がありました。
そこで、今度はカッティングシートで作ってみる事に。

カッティングシートは手描きしたものをカッターで切るという方法もありますが、前回起こしたパスと手近にカッティングマシン『STIKA』があったのでPCを使って作りました。

手順としては、

1.パスをイラレで読み込み、プラグインからカッティングマシンを呼び出してカット。

2.カッターを使って、切り出したカッティングシートから余分な箇所を取り除く。

3.カッティングシートの上から転写シート(透明シート)を貼り、転写シートへ貼り付ける。

4.貼りたい箇所に転写シートごと貼りつけ、転写シートのみ剥がす。

と、工程だけみれば簡単に作れます。
そして、作ってみたのがこちら。

cuttingmario01.jpg

おぉ!ここまでキレイにできるとは。
想像以上のデキです。
早速、我が家のノートPC『LOOX U50X/V』に貼り付けてみました。

cuttingmario02.jpg

LOOXはちょうど貼ってくれと言わんばかりに右側が空いているのでおあつらえ向き。
写真で見ると、初めから25周年記念モデルだったのではと思うほどの馴染みっぷりですね。
これは良い!


折角なので、前回断念した黒DSiにも貼ってみました。

cuttingmario03.jpg

写真は上手く撮れませんでしたが、こちらも良い感じ。
本当は25周年モデル実寸のマリオにしたかったのですが、シールの切り抜き作業を考えるとこのサイズ(28mm×28mmくらい)が限界。


前回のものは若干ごまかし程度のものでしたが、なんとか満足いくものができたので、勝手に25周年モデルシリーズはこの辺で打ち止めにしておきます。


ローランドディージー デザインカッター STIKA 8インチ SV-8
ローランドディージー
売り上げランキング: 18779

関連記事

この記事へのコメント

- ツボック - 2010年10月23日 20:29:40

こんばんは、ツボックです。
これならば、自分だけのオリジナルDSiが作れますね。
(ただし、カッティングマシンは高いですね。)

- ゆーすけ - 2010年10月23日 22:25:03

今回、カッティングマシンは会社にあるのを拝借しましたが、使用頻度によっては買ってもいいかな、と。
まぁ、あまり使う機会はなさそうですがw

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます