PR
TOP > 【レトロ】 改造・分解 > 『ホンコン』を使ってファミコンからゲームボーイまで吸い出し!

『ホンコン』を使ってファミコンからゲームボーイまで吸い出し!

先日、6回に渡ってお送りした『FDSLOADR』がまさかの失敗!?という悲惨な末路を辿りました。
とはいえ、モーターまで動いている以上、あと一息といったところ。

しかしながら、今回の吸い出しは全て自分で行っているので、
 ・ピンアサイン
 ・回路図
 ・組み立て
 ・PC環境
 ・その他
などなど、どこに問題があるのかがわかりません。

そういう時は“原因の切り分け”を行い、原因となる要素をひとつひとつ潰していきます。
今回は、唯一確認ができなかった「PC環境」をチェック。

『FDSLOADR』が動く条件として、大まかに言うと

 SFC吸い出し機『HONGKONG(ホンコン)』が動く環境にあること

というのがありました。
そんな訳で、今まで購入してから一度も使っていなかった『ホンコン』のお試しがてら、PC環境チェックを行います。


ホンコンの吸い出し環境を整える



手始めに、BIOS設定画面からパラレルポートの設定を「双方向」にします。
(FDSLOADRは「EPP」が必須でしたが、ホンコンは「Bi-directional」で吸い出しできました。)
併せて、パラレルポートのポート番号設定を「378 IRQ7」にします。

尚、カッパドキアでホンコンを購入した際、外付けPCIボードのセットを購入しましたが、手持ちのノートPCがそのまま吸い出しに使えるかの検証なので、今回は使用しません。

ホンコンの設定方法は付属のマニュアルに記載してあるので、いちいち説明しませんが、ひぐらしさんが書いていたとおり、パラレルポートに接続した段階でLEDが光りました。

「吸い出し保証品」なので正常動作するのは当たり前ですが、この“当たり前”が自分でやらない安心感です。
早速、マニュアルに沿ってセットアップを開始。


吸い出したいソフトをセットして、
hongkong_sfc1.jpg

専用アプリから「自動認識」をクリック。
hongkong_sfc2.jpg

キター!!
自動認識だけに半角カタカナながら、勝手にゲームタイトルを付けてくれます。
これは便利。
後は「ROMの吸い出し」をクリックして、スーファミは完了。

ホンコンでの吸い出しは面倒そうなイメージでしたが、やってみたらあっけないほど簡単でした。
パラレルポートでの相性と設定が敷居をあげている感じですが、相性はともかく、設定については付属のマニュアルでわかりやすく説明しているので、吸い出しをやってみたい人は是非、カッパドキアで購入しましょう。

さて、この段階で「ホンコンを使うことができる=FDSLOADRの吸い出し環境として問題ない」、という事はわかりましたが、折角なのでこのままファミコンの吸い出しを進めます。


ホンコンでファミコン/ゲームボーイを吸い出す



ファミコンの吸い出しは、別売りの『FC拡張アダプタ』をケーブルで接続します。
吸い出しソフトは付属のファミコン専用アプリを起動……と思ったら、DLL不足のメッセージが。
僕の環境がWindows98だったせいかもしれませんが、
 ・mfc71.dll
 ・msvcr71.dll
 ・msvcp71.dll
の3点を上記のファミコン専用アプリと同フォルダに入れたところ、無事起動しました。

こちらはスーファミと違って、手動でゲーム名を検索して選択。
ファミコンの吸い出しはkazzoの方が簡単です。

結構キツめのコネクタにケーブルを差し、吸い出し。
hongkong_fc.jpg

そして、ファミコンも吸い出し完了……と思ったら、CRC不一致のエラーが。
原因がよく分からないので、このまま放置。


『GB・GBC拡張アダプタ』はケーブルではなく、スーファミのカートリッジスロットへ差します。
ラベルの向きがファミコンやスーファミと逆になるので、ホンコンを逆向きにして撮影。

hongkong_gb.jpg

こちらは差した時にソフト名を認識してくれるものの、吸い出し時には自分でファイル名を入力することになります。
この辺りの仕様は不明ですね。
こちらは問題なく吸い出し完了。


吸い出したデータをエミュレータでチェック



問題ないと思われるスーファミからチェック。
emu_sfc.jpg

本編も見ましたが、問題なくプレイ可能。
ぽっぷるメイル』はまだPCに触れたことのない少年期、PC-98のデモ機で流れているデモ画面を見た時、PCゲームの可能性にワクワクした、そんな思い出の横スクロールアクション。
残念ながら、店員の口車にのってFM-TOWNSを買ってしまい、その後PCでぽっぷるメイルをプレイすることはありませんでしたが。


続いてファミコン。
emu_fc.jpg

CRCエラーが出た割には、問題なくプレイできました。
特にNESヘッダを付けることなく、そのままプレイ可能。

スウィートホーム』は故・伊丹十三が製作総指揮を執ったホラー映画を原作としたRPG。
この作品は『バイオハザード』の土台となったソフトでもあり、一部のコアなファンから未だに支持されているソフト。
残念ながら、このゲーム自体に個人的な思い入れはありませんが。


次にゲームボーイ。
emu_gb.jpg

こちらも問題なく起動。
『悪魔城ドラキュラ』はディスクシステムで初めて買ったソフトであり、ゲームボーイの初めても『ドラキュラ伝説』という、思い入れ深いソフト。

しかし、残念ながらこの『悪魔城ドラキュラ 漆黒たる前奏曲(ダークナイト プレリュード)』は買った記憶はおろか、プレイした記憶もないまま、でも自分が買ったような気がするゲームとして実家に眠っていたのを、先日サルベージ。
こちらは『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』の流れを汲んでいる為か、音楽がカッコイイということに先程気付きました。


そんな訳で、スーファミ、ファミコン、ゲームボーイ共に無事吸い出すことが出来ました。
後はディスクシステムを吸い出せるようにして、このノートPCを完全なROM吸い出し専用PCにする所存です。
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます