PR
TOP > 【ゲーム】 報告 > 『ゲームデザイン脳 桝田省治の発想とワザ』を読んだ

『ゲームデザイン脳 桝田省治の発想とワザ』を読んだ

少し前に『ゲームデザイン脳 桝田省治の発想とワザ』を買いました。

― 桝田省治とは?
古くは『天外魔境II』のシナリオから、『俺の屍を越えてゆけ』や『リンダキューブ』、『ネクストキング』、などの独自の世界観を持ったゲームを数々輩出。それらを総じて“桝田(マスダ)ゲー”と称されるほど、コアなファンに根強い人気をもつゲームデザイナー。

と言うのを知ったのは後の事。
上記のゲームは購入していなかったものの、発売当時から気にはなっていたタイトルばかりです。

そんな気になるタイトルばかり生み出してきた奇才・桝田省治氏の本が発売されたことを知り、早速購入してみました。


この本は
 1.みつける(着想/構想)
 2.つくる(設計/調整)
 3.かんがえる(哲学/裏技)
と大きく3項目に分け、それを過去の作品事例を元に丁寧に解説しています。

そして何より興味深いのが、「趣味はなし、家から出ない、取材は面倒、映画館なども行かない、読書も娘を送迎する電車内のみ」と今までのクリエイターのイメージとはかけ離れたプライベート。
それなのに、上記のような独自の世界観を持ったゲームを生み出すアイデア力。
「それはどこから来るのか?」というのがしっかり書かれてたりします。


一部を抜粋(要約)すると、

― 俺の屍を越えてゆけ
長男が誕生した時、不思議な光景を目にする。それは長男の誕生に感激し号泣したのが祖母、メソメソしているのが両親。肝心の本人(桝田氏)は実感が湧かず、嬉しくはあるものの人前で泣くほどではなかった。
本人よりも上へ行くほど感激が深いのは何故か?
それに仮説を立て、「どうすれば祖母と同じくらい感動を得ることができるのだろうか?」に対する一つの答えをゲームデザインに落とし込んだ。

― リンダキューブ

足繁くレンタルビデオに通っていた頃、比較的小さいもののある特定のジャンルがいつも“貸出中”になっている事に気付く。
それが“強姦(レイプ)もの”。
「一般向けの家庭用ゲームに“強姦”の持つ要素を取り入れることはできないか?」
そんな疑問を持ってから一年ほど経過したある日、学術書の「強姦は、狩猟の代替行為である」という一文が目に留まり、新たなゲームの方向性が決まった。

とかなりざっくり書いたものの、発想の原点は「誰でも一回は経験のある物事を、更に深く着目し、それを深掘りしていく」という方法が分かりやすく、親しみやすい文体で書かれています。


それに加え、各節ごとの最後に“ポイント”がまとめられていて、より理解しやすいのが好感触。
また、後半に行くにつれ、事例も具体化が増し、“個”の発想から“プランナー”や“ディレクター”という人をまとめる立場での話にも広がり、それに対しても一つ一つ「(自分が)どうしてきたか、どうすれば良かったか」という具体的な話で丁寧にまとめられています。


僕はゲームデザイナーを目指している訳ではありませんが、このような“発想”や“着目点”、そしてそれらの“解決方法”に至るまで、そのまま流用はできないものの、今の仕事を進める上でとても参考になりました。

みなさんがこの本にどういった感想を持つかわかりませんが、是非読んで欲しい一冊です。

ゲームデザイン脳 桝田省治の発想とワザ
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます