PR
TOP > スポンサー広告 > セガサターン用『パワーメモリ』を分解TOP > 【レトロ】 改造・分解 > セガサターン用『パワーメモリ』を分解

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セガサターン用『パワーメモリ』を分解

相変わらずカセット版『スーパーマリオ2』や実機用ハックロムカセットを作る為、ROM周りを捜索中。
EPROMは新品を秋葉原の「鈴商」で扱っているのを発見してからというもの、ほぼ毎週入り浸っていますが、EPROMよりもお手軽に書き込める肝心のフラッシュROMはどこへ行っても扱っていません。

そんな中、「セガサターンの『パワーメモリ』にフラッシュROMが使用されている」との情報をかぎつけ、早速パワーメモリをゲット。

エメラルドグリーンは『ときめきメモリアル』のみの限定カラー
エメラルドグリーンは『ときめきメモリアル』のみの限定カラー

パワーメモリはスーパーファミコンと同じ特殊ネジが使用されているので、開けるには特殊ドライバーが必要になります。
また、上部に2箇所ツメがあるため、開ける際に引っかかりがありますが、ファミコンと違い左右にツメがないので、思い切って開けましょう。
ツメが割れることなく、キレイに分かれます。


そして、ようやくお目見えしたフラッシュROMがなんと足の細かい“TSOP”!

真ん中にあるのがフラッシュROM(TSOP/40ピン)
真ん中にあるのがフラッシュROM(TSOP/40ピン)

一般的によく見られるのは足が大きめの“DIP”ですが、この“TSOP”をファミコンカートリッジに搭載するには変換基板(SOP54-P8-D)が必要になります。

これを見た瞬間、絶望の淵に立たされましたが、どうやらばくてんさんのブログによると意外と簡単に接続できるようです。
他の説明をみても、しっかり固定さえできれば接着剤でもOKらしいので、少しだけ希望が湧いてきました。

それにしても、このTSOP版フラッシュROMは単体で600円くらい。
一方、今回買ったパワーメモリは通常版が525円、ときメモ版が840円。
入手が容易なパワーメモリですが、取り外す手間を考えたらどっちが良いのかわかりません…


たまたま違うパワーメモリを買ったので、フラッシュROM情報をメモ。

▼ 通常版パワーメモリ   … AT29C040 (データシート
▼ ときメモ版パワーメモリ … AT29C040A(データシート
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。