PR
TOP > PC・アプリ > Blu-rayを観るためにPCを自作してみた!ものの…

Blu-rayを観るためにPCを自作してみた!ものの…

グラフィックボードとサウンドカードをロープロファイルPCI対応のものではなかったことに気付き、急遽、ケースをスリムタイプからミニタワーに変更したのが前回

その後、注文していた商品がすべて到着し、ようやく組み立て開始!といったところでトラブル発生。
ケースにマザーボードが入らない。
しばらく格闘したあげく、よくよく見てみたら、microATXかと思われたマザーボードは普通のATXでした…orz
元々、買おうとしたのがMicroATXだったのに、レコメンド(オススメ)機能のおかげで別のマザーを見たばかりに。
しかたがないので、『ASUS P5Q-VM』を購入し、ようやく自作に突入。


組みにくいと言われていたAntec『MiniP180』でしたが、こちらを参考になんとか完成。
約8年振りにPCを自作しましたが、いろいろと仕様が変わっていたため相当苦労しました。
今回の一件で覚えたことは

  ・マザーボードとケースは買う前にしっかり確認(microATX/ATX)
  ・microATXマザーにもATX用電源が使える
  ・リテールのCPU(ファン付き)には初めからグリスが塗ってある
  ・メモリは同じ色同士の差し込み口に差す
  ・ASUSマザーをファームアップした後に出た「ERROR 8C000002」は
   “AHCI”ではなく“ExpressGate”の問題
  ・グラフィックオンボードのマザーボードにグラフィックボードを増設する際は、
   その前にまず普通に起動し、動作確認をした後に増設する(表示されなくて焦った為)
  ・WindowsXPではSP2でないとHDD137GB以上認識しない
  ・最近はフロッピーの代わりにUSBメモリから起動できる(BIOSメニューから)

どれも貴重な経験です。


さて、今回の大本命“Blu-ray再生”を試すために、前回同様『CyberLink Blu-ray Disc Advisor』をチェック。

『CyberLink Blu-ray Disc Advisor』チェック画面

オールグリーン!やった。

はやる気持ちを抑えつつ、喜び勇んでBlu-rayを再生したところ、ムービー開始前の警告文でフリーズ。なぜ…?
今まで観られなかったYOUTUBE HD画質版は観られるようになったので、スペックは問題ないはずなのに。

「こんな事あるのか??」と調べてみたところ、ありました。 まさにDigitalyzeさんのところと同じ現象です。


あちらでは『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』、僕は『COWBOY BEBOP 天国の扉』、再生アプリは『PowerDVD9 Ultra』の組み合わせで起こっています。

その後、いろいろ検証しているようですが、どうやら『PowerDVD9』のバグらしく、特定のアニメディスクでのみ発現しているようです。なんてこったい…。

現在公開されている『PowerDVD9』の最新パッチを当ててもダメだったので、今のところ、回避策としては旧バージョン(今回の場合は、ドライブにバンドルされていた『PowerDVD7』)で対応するしかないようです。


再生アプリのバージョンは落ちたものの、念願のBlu-rayと初対面。
どれだけ綺麗になっているのかワクワクします。
Blu-rayになって細部まで見えるようになったことによって、今まで潰れてしまっていた書き込みがクッキリと……あれ?

さすがにDVDを引き延ばして観るのとは大違いですが、印象としてDVDがそのまま大きくなった感じ。
何かこう、普通ですね。

こうして、僕のドキドキBlu-ray初体験は終了しました。


何だかんだで全3回に渡ってしまった自作PC記事。
最終的なスペックは

【今回の自作PCスペック(および金額)】
  ・ Antec MiniP180 ミニタワー (PCケース) 11,800円
  ・ Antec EA-750 750W (PC電源) 14,800円
  ・ Core2Duo E8500 (CPU) 18,980円
  ・ ASUS P5Q-VM (マザーボード) 12,857円 
  ・ PQI DDR2-800(PC6400) 2GBx2枚組 (メモリ) 11,543円
  ・ Seagate ST31000528AS 1TB (HDD) 8,980円
  ・ Leadtek PX9600GT 512MB GeForce9600GT (グラフィックボード) 10,480円
  ・ オンキヨー PCI DIGITAL AUDIO BOARD SE-200PCI (サウンドカード) 14,168円
  ・ LG電子 GGW-H20N (Blu-rayドライブ) 16,980円

締めて 120,588円。(+無駄になったATXマザー 14,980円)
今回の目的がBlu-rayを観ることだったのですが、完全に「PS3買っておけよ」的な金額になってしまいました…。

まぁ、これで向こう数年はPCを買い換える必要もなさそうなので、今回は良しとしておこう…。


(追記)
ちなみに、ケース(+電源)とグラフィック、サウンド、メモリにお金を掛けすぎたため、金額が上がってしまいましたが、抑えるところを抑えれば5万円くらいで組めそうですね。
セカンドマシンは是非安めに、と言いたいところですが、そんな何台も要らないので、次に組むのはまた数年後でしょうね。
さて、余ったマザーボードはどうしようか。
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます