PR
TOP > 【DS】 エミュ・マジコン > 『DSTT』を使ってみた

『DSTT』を使ってみた

先日、涙目wwwで買った『DSTT』が到着しました。

箱の割には中身はこれだけしかない『DSTT』
箱の割には中身はこれだけしかない『DSTT』

箱は潰れているし、相変わらず中身はブツだけ(マニュアルもCD-ROMもなし)だし、これならば中身だけをプチプチ袋に入れてメール便で送ってもらった方がどんなに良かったか…。
そんな訳で、箱はさっそく捨て、いざ導入。

【『DSTT』導入方法】
・別途用意したmicroSDカード“FAT32”でフォーマット
公式サイトより Kernel をダウンロード
・解凍したファイルを、microSDカードにすべてコピー
・microSDカード直下に“rom”ディレクトリを作成し、romを格納

この手順は相変わらずですね。
『M3 DS Simply』の時と全く変わりがありません。


さて、この DSTT は R4(M3 DS Simply とほぼ同等品)の廉価版ということですが、ゲームをするだけならば特に問題はありません。
それ以外で何が違うのか、という部分を M3 DS Simply と比較すると、

■メリット
・SDHC(8GB以上の大容量microSDカード)に対応
・サポート継続中(M3 DS Simply はサポートを終了した為、新ファームが出ない)
・ゲーム起動までがタッチペンのみで起動できる
・機能がゲームに特化しているので、起動直後がすぐromメニュー
・ゲームアイコンも合わせて一覧表示

■デメリット
・DSカートが引っかかり、若干、挿入&取り出ししにくい
・microSDカードが若干斜めに刺さる
・起動が若干遅い
・ゲームロード中のステータスバーがない(どの程度読み込まれたのかわからない)


メリットの上位2項目は外せないですね。
特にサポートに関しては、これだけでも買い替える必要があるかも、と思います。

逆にデメリットですが、全体的に粗悪です。
M3 DS Simply では本体とのひっかかりもなく、microSDカードもまっすぐピッタリ入りますし、
シールがはみ出るくらい斜めになっていることもありません。
ちなみに、付属のmicroSDカードリーダは挿入口がとてもきつく、一度入れるとなかなか取れないので注意が必要です。

起動は本当に若干です。M3 DS Simply と比べて「あ、ちょっと遅いな」程度なので、DSTT しか持ってない人にはあまりわからないかもしれないですね。
ステータスバーは気持ちの問題です。1~2秒くらいなので待てば良いだけですから。


どちらを使うかはお好み次第ですが、M3 DS Simply は既に販売終了ですし、DSTT を含む他のマジコン類もそろそろ市場から姿を消すかもしれません。
尚、「質がよい日本語インターフェイスのマジコンが良い!」という人には M3 さくら をオススメします。
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます