PR
TOP > 【Xbox】 Evolution-X > XboxにXBMCを入れてマルチメディアプレーヤーにする

XboxにXBMCを入れてマルチメディアプレーヤーにする

今では(場所にもよりますが)1,500円ほどで手に入れられるらしい初代Xbox
前回はこれを夢のエミュレータマシンにしましたが、今回はこれを何でも再生できる夢のマルチプレイヤー化してみようと思います。
しかも、NASに繋げる事で外部のファイルも再生できるメディアセンター仕様。
これを行うためには『XBMC』というアプリケーションの導入が必要になります。

実は、前回『Slayers Evox 2.7 FINAL』を入れた段階で、エミュレータはもちろんXBMCも入っていたので、今更導入の説明も不要だとは思うのですが、今回は『Slayers Evox 2.7 FINAL』に日本語化されたXBMCを導入するところまでを、『xbmc_日本語化キット』に同梱された手順書を元に説明します。


XBMC(日本語化)の導入手順】
1・『xbmc_日本語化キット(最新版)』をダウンロードする。

2・本家のリリース、もしくは、最新のCVSをダウンロードする。
  (XBMC-2.0.1-FINAL-SLIM(FAT)-T3CH.rar)
  ※今回はこちらのサイトから『T3CH XBMC 2008-06-30 SVN rev13851』をダウンロードしました。

3・行程2のファイルを解凍し、“XBMC”フォルダを取り出した後、“skin”フォルダを削除する。

4・行程1で解凍したフォルダから“xbmc_taka_jpn_08_06_28”フォルダ内のすべてのファイルを、
  行程3のフォルダに上書きする。

5・PCとXboxをFTPで接続し、Fドライブの“apri”フォルダにある“XBMC”を削除し、
  行程4の“XBMC”フォルダをアップロードする。


以上です。
これは『Slayers Evox 2.7 FINAL』のファイルを入れ替える事が前提なので、始めからXBMCが導入されていない場合は、適宜iniファイルを修正してください。

たったこれだけで、マルチプレイヤー化が完了です。簡単ですね。

ちなみに、これと同様のことができるTvixの『M-3000U』を19,800円、その上位機種『HD M-4000PA』を23,800円で先日買ったのですが、こんな安価で導入できるなら買わなければ良かったと今更ながら後悔してます…。


とりあえず、エミュレータも入り、マルチプレイヤー化もできたので、ひとまずXbox関連は一段落です。
折角なので、ごちゃごちゃしていたゲーム機まわりをダイソーのスチールラックパーツで整理してみました。

現在のセッティング。右下がDvix『HD M-4000PA』
現在のセッティング。右下がDvix『M-4000PA』

わかりにくいですが、テレビの横に黒ガワ化したWii、引き出しの中には黒ガワ化した705NKが見えます。
こう見ると、ノーマルファミコンが浮いてますね。やはり黒ガワ化しか…。
関連記事

この記事へのコメント

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
リンク
  • BAKUTENDO
  • ぽんRev!! 個人的備忘録
  • レトロゲーム漫遊記 : episode2
  • てきとうなブログ
  • ImagingLABO
  • げーむぼーいまにあ
  • OJOUFOEP
  • 貴之の趣味のサイト
  • 街へいこうよどうぶつの森.com
  • とびだせどうぶつの森.com
  • オリジナル小説 投稿
  • ☆ 管理者ページ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます