PR
TOP > 2011年09月
以前から気になってた『パックマンのゲーム学入門』を借りることができました。

packman_book.jpg


パックマンといえば、先日パックマン生誕30年を迎え、それを記念したイベント『パックマン展』に行ってツーショットを撮ったのは記憶に新しいところ。
昔はファミコンで『パックランド』にハマったりしましたが、あれは良作のキャラゲーなので全くの別物ですね。


さて、肝心の中身はというと、タイトルから「パックマンを分析し“ゲーム”を学ぶ」入門書的なものを想像しましたが、ざっくり分けると
 ・パックマンを生み出すまで
 ・“ゲーム”をつくる根幹の考え方
 ・著名人対談
の3部構成で成り立ってます。

ゲームをつくる予定はないものの、2番目が読めれば良いかなと思っていましたが、いざ読んでみると全編に渉って随所に良いことが散りばめられていたので、その中から個人的に気になったところを書きだしてみました。

PS2で発売された、あの名作『ICO』と『ワンダと巨像』がHDリマスター版としてPS3で発売されました!

ico_wanda03.jpg


『ICO』といえば、GPL違反(フリーのライブラリ(プログラム)を使ったため、規約上、ICOのソース(プログラム)を公開しなくてはならない)があったのですが、今回用に一から開発したのでしょうか?

そんな心配はさておき、さっそくゲット!

実家の部屋を整理していたら、昔使っていたゲームボーイキャリングケースが出てきました。

gb_case01.jpg


見た感じ任天堂ライセンス商品っぽいですが、詳細がわかるような記載がありません。
ググってみても全く引っかからず。うーん…。

最近ではキャリングケースを買うことも無くなりましたが、こういうのを久々に見ると買っておいても良いかな、なんて思います。
とりあえず、キレイに掃除してから初代ゲームボーイでもしまっておきます。


こういうのが出てくるのも「いかにも」って感じですね。

gb_case02.jpg


前回製作した『GB Flasher [USB Ver]』を作ったは良いものの、通電チェック用のLEDすら光らないという初歩の初歩でつまづき、一歩目にして心が折れかけましたが、その際やくだったのがこのLEDテスター

LEDtester.jpg


ふとしたキッカケでこの存在を知り、秋月電子通商で500円という価格に即直行、難なくゲット。
これのおかげで、取り付けたLEDが壊れていたことも確定し、とりあえず一歩目にして挫折せずに済みました。

電源チェックが終えたGB Flasherはと言うと、未だPCに認識されない状態で放置のままです。
導通チェックは問題なさそうだったので、配線を疑うべきですね。
心が……。
以前、ぽんRevさんがGB Flasherを製作された際、製作キット(パーツ一式)を譲っていただき放置すること4ヶ月…。
ようやくまとまった時間がとれたので製作に着手しました。

必要素材はぽんRevさんに頂いたので、まずは回路図を見ながら配置図を作成。
さっそくGBスロットとATMEGA8515の接続がわかりません……回路図から読み取れるのか、これ?
などと早速つまづきそうになりながらも、PDFの2枚目を見てなんとか判別。

GBFlasher01.jpg


ぽんRevさんほど小さくまとめられませんでしたが、まぁ、個人的には頑張った方かと。
これを実際に配置していきます。


積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます