PR
TOP > 2011年02月
前回の『ゲーム&ウォッチ ボール 復刻版』がつい先日のように感じられますが、早くも2010年度版クラブニンテンドープラチナ会員特典が届きました……とはいえ、各所の報告を見ている限り、僕のところは大分遅かったようですが。

今回3種類の中から選んだのは『オリジナルハンカチセット』。
他はバッジかカレンダーでしたが、どれもこれも「任天堂さん、マリオ25周年にそりゃないよ…」と思わざるを得ないラインナップでした。

ClubNintendo2010_pla1.jpg


そんな訳でいざ開封。

ClubNintendo2010_pla2.jpg

やはり、バッジより当たりだった気がします。
とは言え、前回が『ゲーム&ウォッチ』だっただけに、嬉しさは半減ですね。
次回こそ……次回こそは頼みます!
人生初の出張で金沢に行ってきました。
個人的にも金沢に行くのは初めて。
となればやることは1つ……そう、開拓ですね。

まだ見ぬお宝に思いを馳せ、仕事をキッチリこなした後は市内を駆け回ります。
そして獲得したお宝の数々。
今回は想像以上に大漁でした!


その1 PS1用RGBケーブル(480円)



以前、RGB入力用に『XRGB-3』を買って以来、RGBケーブルまで収集対象が広がった。
一応PS1用ケーブルは持ってるけどサードパーティ製だったので、念のためゲット。

kanazawa_ps.jpg


その2 SFC黒色カートリッジ(各50円)



黒色のカートリッジを見たのは初めてだったので、つい購入。
以前作った『SFCカートリッジ型ファミコンマルチタップ』のように、ガワだけ利用することもあるかもしれないので。

kanazawa_sfc.jpg


そして、ここからが本命。

先日、『FCB(ファミコンバンド)10th』イベントでもらったパンフで、FCB以外にもさまざまなゲームミュージックバンドが存在し、各地でイベントを行っている事を知りました。
その中で、『GAME(Game Addict's Music Ensemble)3rd Concert』がとりわけ気になり、楽しみに待つことしばし、とうとうイベント当日。

今回の会場となる船橋市民文化ホールは川崎のモノに比べると若干規模は小さいものの、会場規模としては十分広い方。
むしろ、奏者(?)との距離も近く、なかなか良い感じです。


このイベントも入場料無料。
前回といい今回といい、これだけの規模でイベントを行いながらよくぞ無料でできるな、と違う意味で感心します。
そんな事を考えながらも入り口でパンフをゲット。

game3rdC01.jpg

事前情報は殆ど入れていなかったのですが、僕の大好きな『スペースチャンネル5』をあしらっているというだけで既に好感触。
これは嫌が応にも期待が高まります。

先日、吉祥寺の『メテオ』にてファミコンの陳列を見てからというもの、各種良い収納方法が無いかといろいろネット上を探しています。
ちなみに、今はダイソーの300円ケースを使っていますが、収納している棚の幅には何とも中途半端で、デッドスペースを大量に生む結果に。

そんな中、再びダイソーへ行き、いつもは見ないタッパー系のコーナーへ行くと、なんともゲームボーイの収納にぴったりそうなパスタ入れが…!
価格も100円ということもあり、「ダメならはんだごてケースにでもしよう」と考えて収納してみると、何ともびっくり。

gb_storage.jpg


通常サイズのゲームボーイソフトが縦なら35枚、横も入れると計39枚ピッタリ格納されます。
フタもピッタリ閉まるので、重ね合わせもバッチリ!

尚、ゲームボーイソフトケースはピッタリ入るものの、フタが締められなくなりますので、そこが若干難点ですが。
まぁ、それだと「ケースinケース」になってしまうので、僕の場合は他のケースにしまっていますが。


本当はもう少しオシャレなケースに格納したかったですが、まぁ、ゲームボーイはこれくらい味気ないケースの方が合っているでしょう、と負け惜しみを言ったところでこの辺でw

ゲームボーイに拘わらず、オススメケースがあれば教えてください。
昔から技術力には定評のあるサンソフトですが、その中でも後期に発売された『ギミック!』はアクションゲームとしての質の高さの割に、発売時期がスーファミの『ロマンシング・サガ』と被っていたというのあり、それ程出回らなかったのか、未だにプレミアソフトに名を連ねています。

さて、一方の『ドッジ弾平』はと言えば、ファミコンのみならずPCエンジンでも発売されるほどのヒット(?)アニメでしたが、ファミコンソフトの市場価値と言えば、『いっき』や『アトランチスの謎』よりも数段劣る、普通のレトロゲームタイトル。


ゲーム自体は大したことないのですが、基盤に見るサンソフトROMの歴史を見ると、『ドッジ弾平』で使用されている基板は FME-7、『ギミック!』は SUNSOFT 5B が使われています。
違いはと言うと、SUNSOFT 5B は「FME-7 +音源拡張機能」であり、モノとしてはどちらもマッパー69。
しかし、ばくてんさんの記事によると、どうやら『ドッジ弾平』にも SUNSOFT 5B が使われていたとの事。

これを知ってから各所で探していましたが、久々に行った近所のショップでようやく『ドッジ弾平』を発見。
レトロゲームの値段が比較的高いので敬遠してましたが、まさかここにあろうとは…。

fc_danpei01.jpg

さて、早速分解してみました。

以前作ったマッパー1[MMC1]の『VS.マリオ』EPROMカートリッジですが、なぜか起動率が異様に低く、10回以上電源を入れ直しても画面が真っ黒なまま起動しないこともしばしば。
同様に作ったマッパー4[MMC3]の『マリオ2』は一発で起動するのに…。

配線に問題があるのかと再度作り直してもダメ。
原因がわからずそれからずっと放置していましたが、ばくてんさんの過去記事の中で

 マッパー3の場合は、基板にあるダイオードを外してしまわないと、正常に表示されなかったので外して下さい

とあり、マッパー1と3の違いはあれどダメ元で……と早速取り外すことに。
基板右上にあるD2と書かれたダイオードを外し、抵抗の足の切れ端などでショート。

vsmario_d.jpg


これでどうだ……。

・・・
………出来た!!

vsSMB_mmc1.jpg


早ければ1、2回で起動するほど目に見えて起動率がアップ!
映らない時も画面が青く表示されたりと、明らかに改善されています。
マッパー1とマッパー3のEPROMカートリッジを製作する際はダイオードに気をつけましょう。
以前、恋パラ支部長のゲームボーイ同人誌を購入した際に通販で利用したゲーム系セレクトショップ『メテオ』ですが、吉祥寺駅のすぐ近くに店舗があるというので行ってみました。
地図によると京王井の頭線吉祥寺駅を井の頭公園側出口から出て徒歩数分の距離。


大きな地図で見る

吉祥寺界隈は10年ほど前に住んでいたので勝手知ったるもの。
「高架下を抜けてすぐだな」と行く前からアタリをつけ向かったものの、それらしい建物が見当たりません。

僕の電子工作ツールの中でも「これは買って良かった!」と両手放しで喜べるアイテムの中に『はんだシュッ太郎』があります。
これは簡単に説明すると「はんだごてとはんだ吸い取り機が一つになったもの」。
言葉にすると微妙ですが、この便利さは基板からROMを取り外す際に何度も痛感しました。

それがここ最近、『はんだシュッ太郎』のピストンが鈍くなってきており、シュッ取り具合が悪くなってきてたのでメンテナンスしようと探してみたものの、これといった情報はなし。

本来であれば写真下の吸い取り口(交換チップ)に対し、一番上の棒を出し入れすれば良いのですが、それだけでは改善されず。
それならば、と早速分解してみました。

handa_s01.jpg


分解は簡単なので、これを組み立て直します。

積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます