PR
TOP > 2009年06月
今日は天気も良かったため、船橋のららぽーとへ向かおうとしたところ、船橋競馬場の駐車場でフリーマーケットを開催していました。

何か掘り出し物がないか立ち寄ったところ、案の定、ファミコンの在庫を大量に抱えた売り場を発見。
プラスチックの衣類ケースに収められた大量のファミコンが100円。
そして少し離れたところに、地べたに直接置かれたファミコン数十本が200~300円。
いろんな意味で違いがわかりません。

とりあえず、購入したのは下記の通り。

久々のフリマ

 (200円)
  ・フラッピー
  ・いっき

 (100円)
  ・えりかとさとるの夢冒険
  ・うっでいぽこ
  ・バギーポッパー
  ・ドラゴンスレイヤー4
  ・スーパーピットフォール
  ・信長の野望 戦国群詳伝
  ・ファイナルファンタジー6

200円商品は本来の価格より、少し下げてもらいました。


まだSRAMの調達ができず、放ったままの『mdc5』ですが、これに使用する『信長の野望 戦国群詳伝』。
前回はショップで480円で購入しましたが、今回は100円で購入。
併せて、SRAM調達を期待して『ファイナルファンタジー6』。

更に、“ニセマリオ”として名高くも、意外と人気のあるスーパーピットフォール』が今回の目玉です。


そこそこ満足し、今回のフリマは終了。
そして、今日届く予定だったツインファミコン用ACアダプタは業者の手違いにより使用することができず…。
次の記事でツインファミコン修理編を完結させます。
ディスクシステムのゴムベルト交換は各所で扱っており、僕も6~7サイトくらいは見てまわりました。
が、それだけ見たにもかかわらず、どのサイトを見ても一番重要と書かれている“ヘッドの調整”がどうもわからない。
どこも丁寧に説明しているのですが、“ヘッドの調整”になるとまったく理解できない状態が続きました。


理解できない最大の理由、それが、“ヘッドの調整”の直前にある“ギアの調整”の説明不足
どのサイトでもここについて触れられておらず、しかも“ヘッドの調整”が感覚的な説明になるため、分からなくなることがようやく判明。

「ここがわからないんだよ!」という悶々とした気持ちに答えてくれたのがニコニコ動画にアップされていた「自力でディスクシステムを修理してみよう」の動画でした。

今回は他の解説サイトを保管すべく、僕が詰まった“ギアの調整”→“ヘッドの調整”を説明します。

とうとう黒Wiiが発売!

発売以降、白一色で販売し続けてきたWii。
以前、Wiiの黒ガワを購入し、交換して一人で満足していましたが、とうとう黒Wiiがオフィシャルのラインナップに加わるとの事。

気になる発売日は8月1日。
もちろん、本体だけでなく、Wii リモコン、ヌンチャク、クラシックコントローラPROも黒が発売されるようです。

やはり格好良い『クロWii』
やはり格好良い『クロWii』


僕のWiiはケースのみ黒で、台座はスタンダードのシルバー。
リモコンも黒ガワを購入しましたが、よく見たら前面のみだったので、ショッパすぎて交換していません。

とりあえず、最近気になるタイトルが無いため、プラチナ会員まで残り125ポイントで止まってしまったポイント補填用として黒Wiiを購入しようと思います。
先日から『mdc5』に使用する光栄のファミコンカートリッジを探していますが、まったく見つかりません。
そんな訳で、今日も数件まわったものの成果なし。
最後に地元にある小さなゲームショップへ立ち寄ったところ、紙袋に乱雑に入れられた黒ツインファミコンを発見。
前回の洗浄時に背面シールをやらかしてしまい、いつか来る撮影のチャンスを狙っていましたが、今しかない!

声かけのきっかけとして、ショーケース内に置かれたWii用『SFC型クラシックコントローラー』を980円で購入し、いざ確認。

  僕  「あのツインファミコン、売り物じゃないですよね?」
  店員「あれね、ACアダプターがないから動作確認できてないんですよ。」
  店員「ジャンクで良ければ300円で良いですけど…」
  僕  「(300円!?)」
  店員「ジャンクじゃ嫌ですよね?」
  僕  「(ジャンク、大好物です!)ちょっと見せてもらってもいいですか?」

取り出されたツインファミコンがこれまたかなり汚い!
しかし、店員さんが綺麗に拭いて、エアダスターを吹いてくれたことにより、とりあえず見られるくらいにはなりました。

  店員「300円は掃除代でw」

こうして、本当に300円でツインファミコンをゲット!
家に帰って早速起動してみたところ、ファミコンは問題なく起動。
ディスクシステムは、ディスクを入れたところバグってしまいましたが、ここまでは想定内。


早速分解して洗浄……っていうか、中がかなり汚いorz
ウェットティッシュで拭き取り→分解→を繰り返しながらバラします。
その際、デジカメで撮影しながら行うと、組み立て時に助かるのでオススメ。

そして、軽く歯ブラシで擦った後、例によって衣装ケースに水をため、キッチンハイター(目分量)を入れて半日漬け置き。
綺麗さはともかく、ヤニのような埃のような変なにおいは完全に消えました。

この後はディスクシステム箇所の清掃&ゴムベルト交換です。
今回のツインファミコンには分解した形跡がなかったので、安心していじれます。
今日はここまで。
最近、ぽんRevさんが取り上げている、『mdc5』と呼ばれる「ディスクシステムROMをファミコンカートリッジに格納し、ディスクシステムをファミコンでプレイできる」ハードに興味津々。
一応、それなりに読み込んでいるものの、あまりよく分かっていません。


そんなわけで、なんとなく「使用するROMは“光栄(特に三国志II)”が良いのかな?」程度で『三国志』と『三国志II』を買ったのですが、「mdc5の制作方法」ページを見てみたところ、 ベースとして使用できるカートリッジは

  ・信長の野望 戦国群雄伝
  ・維新の嵐
  ・水滸伝
  ・ランペルール
  ・大航海時代(ダメみたいです)

で、すべて「MMC5のETROM」との事。

この時点で何を言っているのかさっぱりですが、とりあえず、「光栄のカートリッジは“MMC5”」というコントローラICを搭載しており、「RAM容量拡張で使われているものの一種で“ETROM”がある」といった感じで良いのでしょうか?
そして、『三国志II』は“EWROM”であり“ETROM”ではなさそうです。


結局、買ったカートリッジは両方とも関係がなかったのですが、「折角なので」とカートリッジを分解してみようと思ったところ、特殊ねじが使われており、専用ドライバー『ENGINEER DTC-20』が無いと開けられません。
以前買ったと思ったのですが、気のせいだったようです。

仕方がないので、到着を待つ間、情報収集を続ける事にします。
Xbox360用ツインスティック制作を思い立ってからというもの、中古ショップに行くたびにDC用ツインスティックを探していたのですが、ただでさえ流通量が少ないDC用があるはずもなく、「色とボタンだけならば」とSS用で妥協しようと二週間ぶりにショップへ行ってみたところ、あれだけ大量にあったSS用『ツインスティック』の在庫が無くなっていました。

それまで数年間あったであろう在庫がここに来て無くなろうとは思わず、僕の手元には中古で買ったXbox360用有線コントローラだけ残るハメに…。

ハッキリとした原因はわかりませんが、散々話題に挙がっていたXbox360用ツインスティックがプレオーダー方式で販売価格30,000円というのは無関係ではないはずです。


そんな事もありつつ、仕方がないので久々にファミコンソフトを大量購入しました。

久々のファミコンソフト買い
久々のファミコンソフト買い

  ・月風魔伝
  ・スペランカー
  ・レイラ
  ・メトロクロス
  ・魔界村
  ・悪魔城伝説
  ・三国志
  ・三国志II
  ・遊遊記(前編)

特に、「月風魔伝」と「レイラ」は100円。「スペランカー」は300円となかなかお得な買い物でした。

早速ツインファミコンにて起動確認したものの、どれも起動しません。
カセットふーふーはもちろん、接点復活材でもダメだったので、+ドライバーで金属部分をガシュガシュこすったところ、すべて起動するようになりました。さすがファミコン。

ついでに、押し入れに片付けたPCエンジンDuoを起動してみましたが、問題なく起動しました。
最近、フとしたきっかけで、YOUTUBEの「エヴァンゲリオンを1.5倍ぐらい楽しくする動画」を観ました。
それがもう、目からウロコ。

今まで理解していなかった使徒と人間の対立、ATフィールドとアンチATフィールド、ロンギヌスの槍の役割や、人類保管計画など、これがわかりやすく解説されています。

一応、作者注として「一つの考え方として受け取ってもらえれば」と書いてありますが、まったく理解できていなかった人にはホントおすすめ。


そんな訳で、映画を観に行ったとき以上にエヴァンゲリオンに興味を持ち、さっそくマンガを一日で読破。
併せてDVDもレンタルし、リアルタイムで観ていた時には意味がわからなかったところがスイスイ頭の中に入ってきます。

そして、ちょうど良いタイミングで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(Blu-ray版)の発売に。
DVD(特装版)を買いましたが、今回ももちろん購入です。

少し映像が増えた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(Blu-ray版)』
少し映像が増えた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(Blu-ray版)』


夜も遅かったのでまだ全部観ていませんが、DVD版とは段違い。
映像がクリアで細かい描写までハッキリ見えます。

COWBOY BEBOP-天国の扉-』には正直ガッカリしましたが、今回のヱヴァは買って正解!
7.1chヘッドホンの臨場感も相まって、映画館以来の大迫力です。
Blu-rayを観られる環境にありながら、「DVD版かったからイラネ」っていう人も是非買ってください!


6月27日には新劇場版第二作目である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が公開されます。
“破”の公開に合わせ、7月3日(金)21:00~22:54に日本テレビの金曜ロードショーで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が放送されることが決定していますが、こちらはver1.01のテレシネマスターを元にしたもの。今回のBlu-ray版はver1.11です。

とりあえず、Blu-ray版“序”と“破”の予告編でも観ながらワクテカして待ちましょう。


(動画右下のパックマンのようなアイコンでコメントが非表示になります。)
積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます