PR
TOP > 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、またBlu-rayに興味を持ち出し、プレーヤーを持ってもいないのに、『COWBOY BEBOP -天国の扉-』のBlu-ray版を注文してしまいました。

そんなこんなでHDクォリティを求めつつも、DVDをワイド液晶で観ていたところ、居ても立っても居られなくなり、ネットでアップコンバートをかけてくれるフリーのプレイヤーを探してみたものの見つからず。
結局、「PCでは『PowerDVD』しかなさそう」という結論に至り、商品が届くまで待ちきれず、思い切って楽天ダウンロードを利用してみました。


以前、楽天ダウンロードを利用してソフトを購入したことがあったのですが、その際は事前に専用のダウンローダーを落としとかなければならず、しかも、専用ソフトなのに使いづらいという、なんともションボリ仕様だったため、その後利用することはありませんでした。

そんなネガティブな思い出から一転、今回使ってみたところ、アプリのダウンロードは専用アプリを使わなくても、通常の「名前をつけて保存」のようにブラウザ単体で落とせるようになり、シリアルはちょっとわかりにくいものの、ダウンロードリスト内に記載されていたので、ほとんどストレスを感じることなく利用できました。

一点、ダウンロードだけなのに、対応ブラウザがIE6以上であり、FireFoxに対応していないのがちょっと引っかかりましたが。


そんな訳で、無事『PowerDVD 9 Ultra』を購入し、インストール。
期待に胸を弾ませ、いざ再生したところ……あれ?
言ってるほどキレイじゃない…

正直、フリーのプレイヤーで最大表示したものと、粗さはあまり変わりません。
一番のウリである「TrueTheater HD(アップコンバート機能)」だけを期待して買ったのに…。

藁をもすがる気持ちで情報を探してみたところ、ベクターの記事
 「分割モードで再生すると、左側に補正前の映像、右側に補正後の画像が同時に表示されます」
との事。
早速今から確認してみます。


なるほど。確かに比べてみると違いますね。
サンプル画像を見てもらえればわかりますが、明らかに右側の色が滲んでいます。
右側……って補正後の方かよ!?

公式サイトの「ふつうのDVDがBlu-ray画質に!」って、完全に詐欺だ…orz
スポンサーサイト
先日報告した通り、Xbox360改造用ツール販売ショップでお馴染み“MrModchips”から商品が発送されたという連絡があったのが3月18日。

なんとかギリギリ今月中に届くかと思ったら、26日に商品が届きました。
ざっと6営業日。発送連絡があってからは早かったですね。注文日は2月11日でしたが。


さて、届いた商品は『Connectivity Kit V3 Pro』と『Unlock Kit』。

『Connectivity Kit V3 Pro』と『Unlock Kit V2』

ざっと説明すると、
 ・ Connectivity Kit V3 Pro … ファーム書き換え時、PC接続用のDVD-ROM外部電源
 ・ Unlock Kit … 面倒なXbox360解体の補助ツール
になります。
Connectivity Kit はUSBでHDDへのアクセスも可能との事ですが、今のところ、その用途には使う予定なし。


そもそも、ドライブのファーム書き換え(iXtreme化)に必要なので購入したものの、Xbox 360本体のみで供給する方法はともかく、100円強でできる電源供給方法が後から出てきた事にガッカリしましたが、ドライブキーの吸い出しでも Connectivity Kit を使っているようなので、とりあえずは一安心。

尚、搭載ドライブはXbox360製造時期によって異なりますので、iXtreme化の際にはご注意ください。
MrModchips”でXbox360用の『Connectivity Kit V3 Pro』と『Unlock Kit』を喜び勇んで注文したのが2月11日。

改造用に別途『Xbox360 アーケード』を買ったものの、上記の商品は一向に出荷された様子もなく、状態も「Awaiting Stock Delivery (ストック納入待ち)」のまま。
最初こそ不安に思っていたのも、二週間ほど経った頃にはすっかり諦めていました。


そして、注文から一ヶ月以上経った3月18日。
突然メールが届き、状態が「Ready For Dispatch (発送準備完了)」になり、翌日には「Shipped (出荷)」の文字が!

とりあえず、なんとか商品が届きそうで一安心。
とはいえ、改造熱はすっかり冷めてしまいましたが…。


“MrModchips”も他のECサイトと違わずログインすれば現在の商品状態(履歴)を見る事ができます。
「そういえば、為替の適用って注文時ではなく、引き落とし時のものが適用されるハズ」と思い、あれから一ヶ月経った今、値段はどうなっているのかを確認したところ、為替は2月より若干高等…。

そのため、注文時には「余裕で5,000円切ってました」と書いていましたが、結局、5,195円(2、3日の変動は無視)と5,000円オーバーに。


イギリスから何日ほどで届くのかわかりませんが、今月中に届けば御の字です。
あまり期待しないで待つ事にします。
先日、PSPPS1をプレイするにあたり、複数枚からなるゲームディスクを一枚にまとめるアプリ『RS-GUI PopStationMD』を紹介しましたが、これの欠点として、ゲーム起動直後の画像を変更できず、デフォルトで英語の文章が表示されるという、若干微妙な仕様になっていました。

その後調べてみたところ、以前紹介した『PS3-Free popstation』の正当後継と言える『PopstationMD Free GUI』が良さそうだったので、今度はこちらを使ってみました。


【『PopstationMD Free GUI』での変換 下準備】
PopstationMD Free GUI

【その他の下準備】
 ・一枚にまとめたいPS1のISOファイル (吸い出し方法はこちらを参照
 ・ICON0.PNG (アイコン : 144 x 80 ピクセル)
 ・PIC1.PNG (壁紙 : 480 x 272 ピクセル)
 ・SPLASH.PNG (起動直後画面 : 480 x 272 ピクセル)
 ※PSPメニューで表示されるPS1ゲーム用個別アイコンと壁紙、起動直後画面。無くてもOK。
先日のPSPでFF9が動かなかった問題ですが、どうやらFF9とCFW5.00に含まれるPOPS(PSPPS1を動かす為のエミュレータのようなもの)との相性が悪く、その為、過去動いたFF9がファームウェアのバージョンアップにより動かなくなっていた事が判明。

このように、ゲームタイトルによっては、古いファームウェアに含まれるPOPSでなければプレイできないタイトルもあります。
これを解決する為に、CFWのプラグイン『POPSLoader』の導入が必要になるのですが、今回の件で初めて『POPSLoader』の必要性が分かりました。


POPSLoader』とは簡単に説明すると、「PS1ゲームによって、起動するPOPSを選択できるプラグイン」なのですが、起動するPOPSは各バージョンのファームウェア(EBOOT.PBP)からダンプする必要があります。
FF9はver3.80に含まれていたPOPSとの相性が良かったとの事なので、今回はver3.80のPOPS取得と、POPSLoaderのインストールを説明します。
昨日から映画『ヤッターマン』が封切りされたので、その流れで……という訳でもなく、「にわか“マサユキスト”がどこまで通じるか」と誕生日の記念も兼ねて、山本正之「アニソンしばり2009・銀幕で逢いましょう at TOKYO」へ参加すべく、吉祥寺まで行ってきました。

東京は吉祥寺にあるライブハウス『STAR PINE'S CAFE』
東京は吉祥寺にあるライブハウス『STAR PINE'S CAFE』

よく考えたら、バイトではB'zやTUBE、ハイロウズなど様々なライブに参加した事はあったのですが、自らの意志でチケットを買いライブに参加するのは今回が初めてだという事に、行きの電車で気付きました。


さて、内容としては第一部「タイムボカンシリーズOP」、第二部「タイムボカンシリーズED&劇中歌、その他」、第三部「その他アニメ」といった具合。
トークではタイムボカンシリーズ各曲の制作秘話が、その他、ヤッターマンOP騒動や映画についてなど、普段聞けない生の声がいろいろと聞けて、こちらも充実していました。

曲に関しては、一応、オリジナルアルバムを一通りと、その他企画物を持っていたおかげで概ね分かったのですが、第三部ではブライガーやJ9等、買おうとしたもののプレミアがついていたので諦めた楽曲が結構あったので、その曲では乗り切れずに辛かった場面も。
その反面、「アニメの大王(一番) ~ アニメがなんだ ~ ヤッターマンOP(フルコーラス) ~ アニメの大王(二番)」は大いに盛り上がれました。


そんな訳で、17:00から始まったライブも終わってみれば20:50!
間にトークを挟みつつ、結局、35曲ほどを4時間弱演っていたことに…。

でも、今回一番良かったのは、ハコが小さい為、真ん中席でもステージから5mくらいの距離だった為、御大と何度か目が合った(ような気がした)ので、その辺の一体感はライブならではかと。
次回は是非、オリジナル楽曲を聴きたいと思います。


ちなみに、ライブでお馴染み1ドリンク制のホットコーヒーを飲んだおかげか、開始30分くらいでトイレに行きたくなり、途中インターバルを2回挟んだものの、トイレに立てる様子もなく冷や汗ものでしたが、なんとか終わりまで粗相をせずに済みました。


ライブを記念して、PS版『ボカンですよ』のOPを載せておきます。
複数枚からなるPS1ゲームをPSPで行う際、『PS3-Free popstation』では変換時にゲームIDを統一することで対応できました。

ただし、それはそれで面倒。
そこでいろいろと調べてみたところ、複数枚のPS1ゲームを一枚に変換する『RS-GUI PopStationMD』の存在を知りました。
久々にFF9をプレイしたく思い、早速導入。


【『RS-GUI PopStationMD』 下準備】
 ・RS-GUI PopStationMD V3.0
 ・cygwin1.dll と cygz.dll (V3.0に含まれていないので V2.0からコピーする)
 ・Microsoft .NET Framework Version 2.0 (または 3.0
 ※.NET FrameworkがPCにインストールされていない場合は事前にインストールしておく
積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。