PR
TOP > 2009年02月
昨年から続いていたマジコン販売について、業者に対してマジコンの輸入販売禁止と在庫廃棄が決定しました。
ただし、ここで言われている“業者”は提訴されていた特定業者5社なので、秋葉原などでは相変わらず売られる事になるのかもしれません。

そうは言っても、この問題以降、DSiで動くマジコンは店頭では売られていないのを見ると、ある程度の抑止力にはなっていると思われるので、これを気に一般の目に届く範囲で取り扱われなくなると良いですね。


そもそも、マジコンは今になって出てきた物でもなく、「知っている人は知っている」というアンダーグラウンドなものだったのですが、テレビのニュースで取り上げられたのをキッカケに、「ソフトを買わなくてもゲームを遊べる物がある」という事を一般の人たちが知り、結果マジコンが広まりました。

このような「この報道の目的は何なの??」と思う事は結構あり、この“ニンテンドーDS「プロテクト外し」横行 経産省が法規制検討”の記事もそれに該当します。

いくつかピックアップすると、
  ・ゲームにはマジコンに取り込んでも使えないようにするプロテクトが施されている
  ・プロテクトを無効化する改造コードがインターネット上で公開されている
  ・現行法ではプロテクト外しに対する刑事罰の規定はない
  ・ネット上では「回避コード」と呼ばれている
  ・回避コードを直接入力したり、「パッチファイル」を使うことにより、簡単に解除できる。
そして、最後の「マジコンの説明」。


正直、対策されたソフトはマジコンのファームで対応することは知っていましたが、コードで対応できることは知りませんでした。
まぁ、調べれば分かったとは思いますが、僕の興味は「DSiでマジコンが動く」ことのみだったので、動作確認して押し入れの奥行きです。

この記事を読んで、僕と同様『回避コード』やそもそもの『マジコン』の存在を初めて知った人もいるかもしれません。
それを踏まえると、「(マジコンの規制(抑制)をするニュースのハズなのに)この報道の目的は何なの??」と思ってしまいます。


とまぁ、ここで終わるとこのニュースと同じなので、一応補足しておきますが、上記の「現行法ではプロテクト外しに対する刑事罰の規定はない」というのはあくまでもプロテクト外しに関する刑事罰がないだけで、所有していないゲーム(ROM)を遊ぶのはNGなので、欲しいゲームはきちんと買いましょう。
数あるHDDレコーダーの中で唯一USB2.0経由で録画したデータをPCに移す事ができる『ロクラク』。

使い勝手はともかく、機能としては申し分なく、昨年購入してから地デジ録画専用機として使っていましたが、言っても“過去の遺物”。地デジを録画してもフルHDでは保存されない為、現行機の限界を感じていました。

モノとしてもマニア向けで、会社名も『日本デジタル家電』と、なんとも言えない不安感を抱かせるには十分。その上、サイトの更新も稀で、「これはもう新しい物はでないかな」などと思っていた矢先、地デジに対応した『ハイビジョンロクラク Slim』が発売されていました。

気になるラインナップは
  ・ ハイビジョンロクラク Slim [タイプA] … D3端子(1200i)のみ
  ・ ハイビジョンロクラク Slim [タイプD] … D3端子 + HDMI端子
  ・ ハイビジョンロクラク Slim [タイプL] … D3端子 + HDMI端子 + インターネット機能
とざっくり3タイプ。

D3端子があるなら一番安いタイプAでも良さそうなのですが、現在使っているのがロクラクの中でも最高級部類に入る ロクラクII 『NYX-10スーパー』なので、価格も以前より安くなっているので、どうせならタイプLにしたいところ。
しかし、安くなったと言っても79,800円(税別)という強気な価格です。

ところが、2月のキャンペーンで限定100台のみタイプLがタイプDの価格、39,800円で買えたとの事。
“買えた”の記述通り、気付いた頃にはキャンペーンは終了していました…。
1月に引き続いて2月のキャンペーンだったらしいので、3月のキャンペーンに期待です。

HDD換装を試みるも

昨年から数度となく注文したものの、その度に「入荷未定」「入荷予定なし」と機会を逃したXbox360換装用HDDでしたが、先日久々に注文したところ翌々日くらいに到着しました。
DVD-ROMドライブのファーム書き換えは『Connectivity Kit』が届くまでおいといて、とりあえずHDD換装に挑戦。

既に用意しておいた20GBの純正HDDをトルクスドライバー(T-06、T-08)で外しておきつつ、120GBのHDD『WD1200BEVT』をPCに接続。
HDD換装法をチェックしつつ、以前作成しておいた起動用USBメモリを差し実行したところ、HDDが認識しない…。
どうやら、増設したSATAボードではUSBメモリ起動後だと認識せず(よく考えればあたりまえですが)、結局、今のPCだと手も足も出ない状態……せつない。

仕方がないので、「先日注文した『Connectivity Kit』が届くのを待つとしよう」と気を取り直した矢先、「100円強でできるConnectivity KitとXbox 360本体を使わないDVDへの電源供給方法」の記事が……やりきれない。
前回の予告通り、Xbox360用DVD-ROMのPC接続時外部電源確保用コネクタ『Connectivity Kit V3 Pro』と『Unlock Kit』(+送料)を併せて5,000円を切ったら注文しようと思っていたところ、本日になってとうとう突入。
そんな訳で、早速“MrModchips”で注文してみました。

意気込み勇んで注文フォームへ進み、たなぼたでゲットした5%割引のクーポンコードを入力。
すると予想外に送料込みの金額からの5%オフ。余裕で5,000円切ってました。

使用許諾のチェックボックスを店からのメール受け取りの意思確認と勘違いしつもも、そのまま進行。
支払い方法はクレジットカードのみだったので感覚でフォームを入力します。

クレジットカード情報入力画面だけど…
クレジットカード情報入力画面だけど…

※印はともかく、他項目がチラホラとよく分かりません。
とりあえず、「LAST 3 digits on ~」の項目にはクレジットカード裏の署名欄内にある末尾3桁の数字を入れて“Authorise”をクリック。
「Your Order Has Been Processed!」の文章が出てきたので、ひとまず完了したようです。
その後、店から注文完了メールが届き、まずは一安心。

今回は普段身近にない“ポンド”での取引だった為か、購入直前にはYahoo!ファイナンスでこまめに為替チェックをして数分ごとに切り替わる為替に一喜一憂したり、数ヶ月単位で見て「1月23日あたりがポンドの底値だったのか…orz」となったりしてましたが、なんだか疑似FXをしているかのようで違う部分で楽しめました。


これで材料は全て揃ったので、ようやくバックアップ用Xbox360の改造に取りかかれます。
改造を思い立ったのが昨年の11月30日。随分と時間が経ってしまいましたがあと少し。
到着に関してはまた後ほどレポートします。
Xbox360系の改造グッズが充実している事でお馴染みの“MrModchips”。
先日のエントリーで『Connectivity Kit V3 Pro』をチェックしてカートに放り込んだまま放置していたところ、“MrModchips”よりメールが届きました。

その内容を掻い摘むと、
「ショッピングカートに商品が入ったままになってるよ。買わない理由があるならば教えてもらえるとうれしいです。」
のような文章。
そして、今月末まで15ポンド以上の買い物に使える5%割引のクーポンコードが添えられていました。

店名からして怪しげなのでちょっと引き気味だったのですが、こういうサービスは「あ、こいつ実は良いヤツかも…」みたいな気持ちにさせられます。
Play-Asiaでも買い物の度に期間限定の割引クーポンが付いてきますが、海外では主流のサービスなのでしょうか?


ちなみに、今回のメールに記載されていた「15 GB Pounds」 は “15イギリスポンド”という意味だという事を初めて知りました。
“GB(グレート・ブリテン)”がイギリスのことなのですが、てっきり“UK(ユナイテッド・キングダム)”なのだとばかり…。(UKは“連合王国”ですね)

なにげない放置が思わぬ勉強になりましたが、これをキッカケに『Connectivity Kit V3 Pro』を買ってしまいそうです。
今回は、面倒なXbox360を5分で分解できる『Unlock Kit』も併せてカートへ。すると…

  Connectivity Kit V3 Pro(24.99ポンド) + Unlock Kit(6.99ポンド) = 31.98ポンド × 5%オフ
  → 小計(30.38ポンド) + 送料(7.43ポンド) = 37.81ポンド

現在価格でざっくり5,150円くらいです。
割引がないと39.41ポンドで5,400円ほどですが、こう見ると思ってたほどではないですね。
せめて、現在価格で4,000円台になってくれれば勢いで買えそうなのですが。

とりあえず、もう少し経過を見てみようと思います。
『鉄拳6』が発売される前に『ストリートファイターIV』を買おうかとオフィシャルサイトを見てみたところ、先着特典として60分の長編アニメが収録されたDVDが付くとの事。
公式サイトによると

  > スタジオ4℃による「ストリートファイターIV」の長編アニメーションが、
  > なんと先着購入特典のDVDに収録されることが決定した!
  > 「ストリートファイターII」からの流れで、
  > 「ストリートファイターIV」のストーリーが描かれる60分にも及ぶ力作。

これは興奮せずにはいられません。
早速楽天で注文したのが先週の話。

ノリノリで注文した『ストリートファイター4』
ノリノリで注文した『ストリートファイター4』


そして、最近は日課になったPlay-Asiaをチェックして、なにげに『ストリートファイターIV』を調べてみたところ、特典DVDに加えカレンダーが付いて5,410円と驚きの価格!

例によってアジア版ですが、アジア版は映像方式が違うだけで全て英語、その映像方式もリージョンフリーのXbox360なら全く問題が無いと言う事は、先日購入したXbox360『Star Wars : The Force Unleashed』で実証済みです。

ちなみに、日本語版はPlay-Asiaでも7,120円するのですが、言ってもストリートファイターなので、英語だとプレイ方法が分からない事も無いですし、逆に、英語の方が格好良さそうで、正直失敗した感が否めません。
更に追い打ちを掛けるかのように、楽天では特典DVDについて一切触れられていない始末…。
こればかりは発売日まで待ってみるしかありません。


それはともかく、Xbox360にて発格闘ゲーム購入となるわけですが、そうなると『鉄拳6』も購入検討している身としてはアーケードスティックが欲しくなります。
過去、ネオジオ、セガサターン、ドリームキャストと格闘ゲー本体では必ずアーケードスティック買っていました。

そんな訳で、例に洩れずXbox360でも買おうと思ったのですが、現在発売されている物はいかんせん「白い、ダサイい、微妙」と負の三拍子が揃ってしまっている為、手が出せません。

「やはりアーケードスティックといえばホリでしょう」と調べてみたところ、やはりありました。
アーケードの仕様にこだわった『リアルアーケードPro. EX』。
黒い、カッコいい、最高」と正に非の打ち所がないシロモノ。


ただし、こちらはホリの通販サイト「HORI STORE.com」限定商品のようで、若干お値段も張ります。
しかし、サイトを見ると既に品切れ。
そのニューモデルとなる『リアルアーケードPro. EX SE』が2月5日に発売されたばかりのようですが、こちらも既に品切れでした。

『リアルアーケードPro. EX』の方はPlay-Asiaでも扱っているのですが、こちらはホリの通販サイトよりも1,500円ほど高め。
ただし、在庫はあるようなので、「ストIV発売頃にはどうしても手に入れたい!!」という格ゲー ドランカーは急いでチェックしてください。
PSP-3000CFWをあてられるようになる(かもしれない)、その前身として必要な“セーブデータロードバグ”。
先日見つかった、『グリップシフト』を使ったセーブデータロードバグは内部のゴタゴタその後、音沙汰がありません。

そんな状況を打破すべく新たに見つかったのが『PURSUIT FORCE EXTREME JUSTICE』を使ったバグ。
↓こちらの動画を観て頂ければわかりますが、見事にバグ落ちしています。




前回の『グリップシフト』の時は結果的に見送った事が功を奏したものの、ルミネス祭り以来の入手できない悔しさ、そして「もしかしたらあの店になら置いてあるかも知れない」というドキドキ感を味わいました。

そんな気持ちを久しぶりに味わったものだから、手に入りやすい今のうちに『パースートフォース』を購入。今ならまだ楽天でも在庫があります

前回、僕のように辛酸を舐めた方は是非!


(追記)
上記で挙げた『パースートフォース ~大追跡~』は違う、とコメントを頂きました。
てっきり日本語にローカライズしたものだとばかり思ってたのですが、今のところなんとも言えないので修正します。

そして、本文であんな事を書いたのに、僕のせいで辛酸を舐めた方、ホントすみません。
大丈夫、僕も同じです。 orz


そんな辛酸を舐めた方に朗報。
まだPlay-Asiaで在庫があります。しかも、『Pursuit Force: Extreme Justice』 英語版
英語版が品切れになってしまった人には、なぜか5ドル高いアジア版(中身は英語)があります。

今度こそ、品切れになる前に購入のチャンス!(ホントすみません。)

Xbox360関連、その後2。

先日、『Xbox360 アーケード』を買い足したことで、ようやく改造に踏み切れるかと思いきや、

 「本体にDVD-ROMドライブが接続されていない状態で電源を入れると
  アカBANされる(起動できなく)なる可能性がある。」

と脅され、『Connectivity Kit』(PC接続時用のDVD-ROM外部電源)が必須っぽくなってきてしまいました。


そんな訳で、再び『Connectivity Kit』を探していたのですが、ようやく価格が安く、且つ日本発送を行ってくれると思われるショップを発見。
Connectivity Kit V3 Pro』が24.99ポンドと先日の店よりも2ポンド近く安くなってます。
また、最近では国内であまり見かけなくなったゲームキューブの12cmディスク用交換ガワもありました。

気になる送料は国ごとに異なり、ログインしないとわからなかった為、とりあえず人柱覚悟でログイン。
『Connectivity Kit V3 Pro』単体なら0.1kg扱いで5.46ポンド。現在価格で713円と比較的良心価格です。
ちなみに、上記のGC交換ガワを含めたところ、0.8kg扱いになり12.18ポンドとの事。


店名が“Mr Modchips”とアレげな感じを放出しているものの、なかなか良いショップを見つけられたのでいざ購入といきたかったのですが、いろいろ調べてみたところ、電源確保だけならば『Connectivity Kit V3 Pro』じゃなくても大丈夫そうだという情報を今更ゲット。

>>110 のレスを見る限り、

 結果47系だったんでさっそくPCからSATAで接続。
 箱にCD入れて同時にPCと箱の電源ONしたんだけどCDbootしようとしないんだけどなんでかな?
 ファーストブートの設定はしてます。

とのことなのでなんだか行けそうな気がしてきました。
その上で書かれていた“LGの47、59系のドライブ”のあたりがまだよくわかりません。

ただし、僕が購入したのは新品なので、ドライブはLite-Onだと思いますが、>>147で

 RS232Cレベル変換基板で書き換えてみたが
 赤線 3.3Vと黒線 GNDはPC用電源に挿し
 緑線 RXDをLite-On TXDホールに挿しから
 半田使わなかったよ

とまた謎の情報が交わされております。
まだまだ着手するには情報が足りないのかもしれません…。
積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます