PR
TOP > 2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になってきた」と書いてから一週間足らず、半ば衝動的に7.1chワイヤレスヘッドホンMDR-DS7000』を買ってしまいました。

さらに1ch増えた、7.1chヘッドホン『MDR-DS7000』
通常より2ch多い、7.1chワイヤレスヘッドホン『MDR-DS7000』


使い方は単純で、ヘッドホンをACアダプタから充電し、そのACアダプタを本体にセット(ちなみに、ACアダプタは2個付属)。
本体電源を入れ、入力端子をボタンで選択し、ヘッドホンを装着するだけで使える簡単仕様です。

肝心の音の方は、ということで、さっそく『スパイダーマン3』と『グーニーズ』のDVDを購入し、とりあえず『スパイダーマン3』を視聴。

見終わった感じでは「なんか普通だぞ??」と思い、続いて買ってから未観だった『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』を途中まで視聴。ちなみに、こちらは初期状態では6.1chとのこと。
確かに、スパイダーマンの時と比べると音が違う。でも、7.1chという気がしない…。


手元にデジタル端子どころかAVケーブルで出せるDVDプレイヤーが無く、Xbox360の存在を思い出したのでそれで視聴していたのですが、コンポジット(赤白黄)ケーブルしかなかったので、そのせいなのかもしれません。

というような事を友人に話したところ、どうやらXbox360にはAVケーブルにデジタル端子出力が付いているという話を聞き、よく調べてみたところ本体側ケーブルの根本に付いてました。こりゃ見落とすわ。

早速試してみたところ、これがもう全然違います。音の通り(クリアさ)や迫力が段違い。
ヤシマ作戦の辺りなどは大迫力で、結局最後まで観てしまいました。


観ている最中は「でも、やっぱり普通の5.1chスピーカーに比べたら全然違うんだろうなぁ」なんて思っていたのですが、ヘッドホンを取り外した後の周りの静かさに、「あ、そういえばもう深夜だった」と改めて思うほど、すっかり周りを忘れて観入っていました。
当たり前の事なのですが、やはり時間を問わず大迫力で映画を観られるというのは良いですね。

他のヘッドホンと比べたことがないのでなんとも言えませんが、初めてのワイヤレスヘッドホンとしては大満足です。
スポンサーサイト
今年2月に公開されたスピンオフ作品『L change the WorLd』が既に一週間レンタル扱いになっていたので、今まで観ていなかった映画版『デスノート』の前後編を合わせレンタルし、3作品をぶっ通しで観てみました。


■『デスノート』の感想

前編ではちょこちょこと違いはあるけれど、大まかには原作をなぞっている為、別段新鮮みが無い。
また、バスジャックされたバスが弥海砂のラッピングバスになっているうえ、そのラッピングが異様にしょっぱかったり、弥海砂役の戸田恵梨香の声が低くてミサのイメージがなかなかできなかったりとアレげな感じだった。

しかし、後編の追い上げはすさまじく、結末を事前に知っていたのにも拘わらず、
 「あれ?これだと原作と同じじゃないの?」
と思った後の 混乱 → 逆転 は原作で消化不良だったところを見事なまでに打破してくれた。
まぁ、原作の方は少しでも作品を長引かせなくてはいけないという出版社的な事情があるから仕方ないのだけど。

結論としては観て損はない。
むしろ、原作よりもう一つ上の段階で戦っているのがすばらしい。
レッドホットチリペッパーズの曲も思いのほか世界観に合っていて「あぁ、観たな…」という余韻に浸れて良かった。


大満足の余韻に浸りつつも、早速『L change the WorLd』を再生。
 「Lはママチャリには乗らない!」
 「Lはダッシュなんかしない!」
みたいな事前情報だけは入ってきているので、そこまで期待はしていないけど、前作品を見た直後だけに、否が応でも期待は高まります。


■『L change the WorLd』の感想

結論から言うと……これは観なければ良かったorz

せっかく映画版『デスノート』で良い気分になっていたのに、いろんな意味で雰囲気と世界観をぶち壊されてガッカリ。

そもそもLはキラと対決するまで正体不明を貫いていたのに、あっさり顔出すわ、居所割れるわ、簡単にセキュリティ崩されるわ、子供の面倒みるわ、他人の言うこと聞くわでもう…。

ナンチャン(南原清隆)が出てきたときはさすがに腰が砕けた。
そして、彼の演技はコントの延長上だったので、常に嘘くさかった。
ナンチャンが悪い訳ではないけど、この(彼が演じる)お笑いキャラは必要だったのか??


一番盛り上がったのは“L、最後の23日間。”というキャッチコピーの意味を知った映画版『デスノート』後編を見終わった直後、一番ヘコんだのは最初に助けたタイ人の子供が○○だったという変な伏線を張られた時、でしょうか。

最後の最後まで(悪い意味で)期待を裏切ります。ホント、おすすめしません…。


それにしても、24.1インチワイド液晶(グレア)を買って、ようやく映画を映画らしく自宅で楽しめるようになりました。
普通に観るだけなら音は外付けスピーカーでも良いのですが、「やっぱ大迫力を求めるなら7.1chヘッドフォンが良いんだろうなぁ」、と思い悩みます。

そんな訳で一応調べてみたところ、ソニーのワイヤレス7.1chサラウンドヘッドフォン『MDR-DS7000』が2万円ちょいで売っていました。

やはり大迫力も良いのですが、それ以上に、ちょっと音が大きくなるシーンになるとマウスをいそいそと動かし周りを気にして音量を下げなくても良いというのは、映画を観る上では大事ですね。
だんだん気になってきました…
携帯のデジカメは盗撮などに用いられるようになってから、音を消すことはおろか、無駄に音がデカい仕様になってしまい、日常生活での使用にさえ不便さをきたす場合があります。

そんな訳で調べてみたところやっぱりあったので、早速、カメラシャッター消音化にチャレンジしました。
今回の消音化についてはcampari sodaさんのブログを、X02NK AllFiles化についてはDiffuse Informationさんのブログを参考にしてみました。


【X02NK カメラシャッター消音化の下準備】

Y-Browser version 088(3) (C:\sysが見られれば何でもOK)

HelloCarbide.sisx (sysフォルダにアクセスする為のアプリ)
preFP1 : E50, E60, E61(X01NK), N73(705NK), N80 / FP1 : N81, N82, N95(X02NK) )

CapsOnOFF.rar (全てのファイルへのアクセス<->非アクセス 切り替えアプリ)


【X02NK カメラシャッター消音化の導入手順】

1.CapsOnOFF.rar を解凍し、その中の「FP1_CapsOnOff」フォルダごとEドライブ(メモリーカード)直下にコピー

2.「HelloCarbide.sisx」をX02NKへインストール

3.『Y-Browser』を事前に起動しておく

4.『HelloCarbide』を実行し、「オプション」→「Menu1」→“選択”→“Yes”
  (導入しないと「C:\sys」フォルダが見られない)

5.『Y-Browser』で、E:\FP1_CapsOnOff\CProfDriver_SISX.ldd をコピー

6.『Y-Browser』で、C:\sys\bin\ に貼り付け

7.X02NKを再起動

8.「CapsON.ssix」と、「CapsOFF.ssix」をX02NKへインストール

9.『CapsOFF』を起動(見た目は何も変わらない。C:\private が見られればOK)

10.『Y-Browser』で、Z:\private\10202be9\101F8809.txt をコピー

11.『Y-Browser』で、Eドライブ直下にコピー

12.上記でコピーした「101F8809.txt」を秀丸エディタなどのテキストエディタで開き、
  16行目の「0x7 int 1 0 ~」を「0x7 int 0 0 ~」に変更して上書き保存
  プロパティの「読み取り専用」にチェック
  (携帯だけで完結したい場合は『LightNotepad』で対応可)

13.上記で編集した「101F8809.txt」をX02NKのEドライブ直下に戻し、『Y-Browser』で切り取り

14.『Y-Browser』で、C:\private\10202be9 に貼り付け

15.X02NKの「ツール」→「モード」からモードを選んで『警告音』を「オフ」にする

16.X02NKを再起動(元から「オフ」になっていても再起動をかける)

成功するとシャッターの音が消えます。
挙動を確認できたら『CapsON』を起動し、元の状態に戻しておきましょう。


これで、0℃以下に冷えたビール“Heineken Extra Cold”や、高橋名人御用達のスープカレー屋『マジックスパイス』の銀河系最強最辛極旨華麗(WEBサイトにそういう記載あり)“アクエリアス”など、周りのお客の目を気にせずしっかり撮ることができそうです。

尚、ご使用に関してはいろんな意味で自己責任にてお願いします。
以前、アプリを使ったUMD吸い出しを紹介しましたが、どうも旧ファーム専用らしいので、新ファームに対応した吸い出し方法を探してみたところ、既にCFWの一機能として搭載されていました。

ファンタシースターポータブル』は楽しいのですが、ミッション前後に読み込みが入るため毎回気になります。
そんな訳で、「no UMD」に挑戦です。


【新カスタムファームによるUMD吸い出し手順】 ※CFW 3.60 M33 以降
1.PSP起動直後、SELECTボタンを押し“M33 VSH MENU”を表示

2.『USB DEVICE』を「UMD Disc」に変更し、EXITで×ボタンを押し、VSH MENUを終了させる

3.PCとPSPをUSBで接続後、XMB(PSPのメニュー)から『設定』 → 『USB接続』を選択

4.PC上で“リムーバブルディスク”として認識したら、その中にある『UMD9660.ISO』をPC上にコピー

これで吸い出しは完了です。簡単ですね。
吸い出しが完了したら、ファイル名をわかりやすい名前に変更してください。

吸い出したUMDをプレイする際は、メモリースティックDuo直下の「ISO」フォルダ内に、吸い出したISOファイルを格納してください。
 MS:\ISO\ゲームファイル.ISO


試しに『ファンタシースターポータブル』をプレイしてみましたが、読み込みに数秒かかっていたところが一瞬で終わるようになり、快適具合が圧倒的に増加。ゲームがストレスなく遊べるのは良いですね。

また、『FF7 クライシスコア』をプレイした時にも思いましたが、DSとPSPの間に携帯ゲーム機としての圧倒的な差を感じました。
持ってて良かったPSP
DC『ファンタシースターオンライン(PSO)』にメチャメチャはまり、初めてオンラインの楽しさを覚えたものの、次作のPS2『ファンタシースターユニバース(PSU)』は全然楽しめず、殆どプレイしないで売ってしまいました。

そんな経緯もあり、PSUの新作とも言えるPSP『ファンタシースターポータブル(PSP?)』はそれほど買うつもりが無かったのですが、秋葉原のブックオフで「新品ゲームを買うと200円の金券プレゼント」という文句につられ、ついつい購入。

『ファンタシースターユニバース』の続編となる『ファンタシースターポータブル』
本作は『ファンタシースターユニバース』続編という位置づけ


あまり期待せずにストーリーモードを始めてみたところ、キャラエディット画面になりました。
種族はもちろん、顔や体型、服装なども選べ、PSUよりもPSOっぽく、この時点で既に好感触。

毎度のことながら、名前入力画面で丸一日潰し、何とか無事本編スタート。


しばらくプレイしてみましたが、これは面白い!
ストーリー的にはPSUの続編ですが、ゲーム本体としては、むしろPSOの正当な続編な気がします。

PSUは主人公キャラが固定されてたうえ、一本道のストーリーが強制づけられていたので、PSOファンとしては自由度がガッツリ削られ、全然楽しめませんでしたが、そんなマイナス面もすべて帳消しにする面白さ。

また、今まで面倒だったシティエリアでの移動が、マップ上での選択するだけで移動でき、良い具合に簡略化されています。

ストーリーミッション時の会話がフルボイス化されており、主人公の名前だけしゃべらない部分が初代『ときめきメモリアル』を彷彿させ、変に懐かしい、それでいて枕に頭を埋め足をバタバタさせてしまいたくなる衝動に駆られますが、まぁ、それもある意味OKかと。

また、最初は萌え路線があからさまなパートナーキャスト(ロボット)『ヴィヴィアン』に嫌悪感を抱いていたものの、その純真無垢さ・ひたむきさに、今では心を奪われそうになっているのも『ときメモ』以来です。


という訳で、今までの不満が(ほとんど)すべて解消されており、僕のようにPSUで離れてしまった人にこそプレイしてもらいたいです。

ネットから体験版をダウンロードできるので、気になる人は是非お試しを。
(ついでに、ミッションダウンロードページもメモ。もちろん、PSPからでもダウンロードできます。)


尚、ミッションが始まると途中セーブができないので、以前紹介したステートセーブプラグインの導入をオススメします。
以前、PSP版『カプコン クラシックス コレクション』を買って未だに一回もプレイしていないものの、以前から『カプコン クラシックス コレクション リミックスド』がずっと気になっていました。

左が『クラコレ』、右が『リミックスド』(国内版未発売)
左が『クラコレ』、右が『リミックスド』(国内版未発売)

この『リミックスド』は『クラコレ』に収録されていないオールドゲームが詰まった“クラコレ2”的な存在であり、この中にはワイヤーアクションの名作FC『ヒットラーの復活』のオリジナルである『BIONIC COMMANDO』が収録されているのですが、なぜか日本語版が発売されていません。

それが、ゲームラボに掲載されていた広告に1,500円で売っているというのを発見し、気になってまで出向き購入。
アジア版でしたが簡易マニュアルが中国語なだけで、ゲームとマニュアルは英語版なので問題なし。


早速、念願の『BIONIC COMMANDO』をプレイしたのですが……アレ?なんか違うぞ。
そして思っていたより面白くない…orz

さらにこれも気になっていた初代『ストリートファイター』をプレイしてみたけど、これも微妙…。


仕方がないので、収録されている中で知っている数少ないゲームのうちの一つ『ファイナルファイト』をプレイしたところ、これが想像以上に面白い!
スーファミ版は持っていましたが、容量の問題でプレイキャラは少ないし、グラフィックも弱いし、何よりコンテニューがステージの始めというガッカリ仕様の為、今更プレイしようと思いませんが、こちらは何度も連続でその場復活ができるので“ぬるゲーマー”としては有り難い。

想像していたのとはちょっと違いましたが、これはこれで買って良かったです。


後で調べてみたところ、『ヒットラーの復活』はファミコン仕様へ大幅にアレンジされており、『BIONIC COMMANDO(トップシークレット)』とはもはや別作品との事。

『BIONIC COMMANDO』の純粋な後継である次世代機の『Bionic Commando』は3Dだし操作が難しそう…と思っていたら、なんと『バイオニックコマンドー マスターD復活計画』としてリメイクされて配信されるとの情報が!これは新作より楽しみです。

でも、さっそく配信が延期されてる…。
先日のドラクエV問題でも素早い対応を見せていた『DSTT』ですが、何の気なしに公式サイトを覗いたところ、例の任天堂からの警告をトップに残し、運営を終了していました。

アキバBlogによると例の発表以来、マジコンをどんどん値上げしている店があるようですが、パッケージにCD-ROMは付属していない為、マジコンはネットからダウンロードしたファームウェアを入れないと動作すらしません

そして、『DSTT』に関しては公式サイトがなくなってしまったので、ファームウェアをダウンロードすることができなくなってしまいました。
一応、まだ『M3』シリーズは公開しているようですが、ここが消えるのも時間の問題かもしれません。

今から駆け込みで買ったとしても、それに対応するファームが出るかどうかが怪しいので、今から焦って買おうとしている人はいろんな意味でご注意ください。


まぁ、今後解析が進んで、任天堂公式のDSvision自体がハックされてしまうのかもしれませんが…。
結局、同時注文したSDカードリーダをキャンセルし、ようやくICカードリーダライタが手元に届きました。

OEM品のような色気のないパッケージ
OEM品のような色気のないパッケージ

これですべて揃ったので、さっそくTSぶっこ抜きに挑戦です。
尚、アプリケーションのバージョンが上がったため、前回紹介した方法とは若干異なっているので、新たにまとめてみました。


【『MonsterTV HDUS』TS抜き 導入下準備】
MonsterTV HDUドライバ (Ver.1.8.5.27 [08/07/01])
YN_JP080701.EXE (YN_JP氏作 2008/07/01版ドライバパッチ)

cap_hdus (コマンドラインTS記録ツール for MonsterTV HDUS改)

BonTest Ver.1.41m3 (視聴用プレーヤー)
Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ(x86)


【『MonsterTV HDUS』TS抜き 導入方法】
・『MonsterTV HDUドライバ』を解凍して生成されたフォルダ内に『YN_JP080701.EXE』を移動し、実行。

・『MonsterTV HDUS』本体をPCに接続すると「新しいハードウェアの検出ウィザード」が表示されるので、上記でパッチを当てたドライバーを読み込ませる。(4回ほど起動するので同様に行う)

・『cap_hdus』を解凍。

・『BonTest Ver.1.41m3』を解凍し、
  ・BonTest.exe
  ・BonDriver_UDP.dll
を『cap_hdus』へコピー。BonDriver_UDP.dll → BonDriver.dll へ名前を変更。

・『Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ(x86)』をインストール。

これで導入準備は完了。
あとは、受信地域に応じて『cap_hdus』フォルダ内にある「SegTV.ch」を編集してください。
詳しいことは同梱のマニュアルを参照のこと。


【『cap_hdus』の使い方】
・『MonsterTV HDUS』に地デジアンテナを接続し、PCに接続。

・ICカードリーダにB-CASカードを挿入(金色のICチップ面が上)し、PCに接続。

・『cap_hdus』フォルダ内にある「SegTV.exe」を実行。
 黒い小さなウィンドウが表示されるので、以後、付属のリモコンを使って操作。

 ・電源ボタン: SegTunerManagerの起動
 ・画面表示ボタン: プレーヤー(BonTest)の表示
 ・チャンネルボタン: チャンネルを選局
 ・録画ボタン: 現在のチャンネルを録画開始
 ・停止ボタン: 録画を停止

標準設定ではCドライブ直下に録画したTSファイルが格納されます。
こちらは暗号解除済みファイルなので、録画ができればぶっこ抜き完了

…のハズなのですが、なぜかプレーヤーになにも表示されません。
SegTunerManager には「状態: 視聴中」となっており、BonTest でも「入力」の数値はどんどんカウントされています。

B-CASカードの表裏が逆なだけでした…。

導入方法は合ってると思うので一応まとめましたが、これ以上は訳がわからないので一時休止。
尚、今回の件に関するFAQBonDriverを用いたHDUS使用のメモ書きがあったので、併せてメモ。


(追記)
BonTestの「Mpeg2デコーダのプロパティ」を選択しても何も表示されないので、ここが原因かと思っていましたが、何のことはない、B-CASカードの挿入向きが表裏逆なだけでした。

B-CASカードの向きに関しては何度か見かけていたものの、「B-CASカードの向きが逆」としか書かれていなかったので、まさか“裏面が上にくるのが正解”とは。
しかも、裏面を上に挿入したら、ICカードリーダのランプがしばらく赤く点滅するし(※使用中が赤ランプ)、上でも書いている通り、逆に差していても「入力」の数値が増えていくしで…。

なんとか、無事視聴することはできましたが、Pen4 2.80GHz、メモリ1.5GBのデスクトップではCPU使用率が100%になってしまうので、「視聴しながら録画」を行うことができません。

一応、BonTestを立ち上げなければCPU使用率20%未満で録画できるので、とりあえずは満足です。
再生も100%になりますが、今のところ問題なし。


ちなみに、サイトから Ver.1.8.5.27 のドライバが削除されたので、今後購入予定の方はご注意ください。
一度回収したのは、このドライバを入れ替える為だったようですね。
先日、念願のHDMI端子付きXbox360(2007年11月以降製造のモデル)の中古を見つけ速攻購入したものの、新品と比較しても2,500円くらいしか変わらないうえ、HDDを120GBに換装するにしてもHDD代+アカウント剥奪(の可能性)という危険を冒すぐらいなら、更にHDMIケーブルとブラックボディで+15,000円は必ずしも高くはないな、と購入後10分くらいでキャンセル(返品)したXbox360でしたが、本日、予定通りエリートを購入。やっぱ黒が好きです。

右側の小箱はおまけのコントローラ(有線)
右側の小箱はおまけのコントローラ(有線)

もちろんキャンセルした店で買い直しましたので、きっちり義理を果たす誠実さ。

ちなみに、同時購入予定だった本日発売の『ソウルキャリバーIV』は品切れで買えず。
結局、本体だけ買ったので開封していません。


トロ・ステーション』にもの凄く惹かれていたのでPS3にしようか迷いましたが、『スターオーシャン4』はXbox360で発売だし、『FF13』もXbox360で発売しそうだし、もうXbox360で良いかと。
まぁ、据え置き機でRPGをやる暇はなさそうですが…。

そして、Xbox360独占(?)の『オトメディウスG』は2008年9月25日です。

オトメディウス ゴージャス
積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。