PR
TOP > ファミコン
img626_01.jpg


昨年の自粛ムードではあまり大々的に行われなかったエイプリルフールネタですが、今年はGoogleがやってくれました。
その名も「ファミコン版GoogleMap 8ビット」。
なんと地図がドラクエ3風になるという、なんとも俺得なネタ!
専用のPVまで作る手の込みようになんとも嬉しくなってしまいます。




すでにネット上ではいろいろと騒がれた後ですが、せっかくなので気付いたものをいくつか紹介。

ファミコンは今までダイソーの300円シューズボックスへ無造作に突っ込んでいましたが、吉祥寺の『メテオ』で見せる収納で並べられてたファミコンを見て以来、「ファミコンはソフトによってそれぞれ色が異なる稀有なハード。これをキレイに並べることはできないものか…」と頭を悩ましていましたが、ようやく理想の収納ケースを発見。

それが、ダイソーの100円シューズボックス。
良いセンまできていましたが、灯台元暗しとはまさにこの事。

fc_case.jpg


並べて16本、上にできる隙間を活用すれば横置きで更に4本、計20本の収納が可能。
もちろん、光栄でお馴染みの高さのあるソフトも入ります。


こうして並べると壮観ですね。
これだけ色鮮やかなゲームソフトもなかなかありません。
色で分けて正解です。

ただし、この中にロックマンシリーズが3作ありますが、シリーズで色が異なるものはバラバラに並べられるうえ、色である程度の判別をしなくてはならないので、若干探しにくいかもしれません。

まぁ、ファミっ子なら色でタイトルの判別がつくので、全然問題ありません。
むしろ、ヘタな収納よりも探しやすいかも。


ちなみに、ケースの調達が間に合わなかったため、写真には写ってませんが、所持ソフトの半数が黒カセットでした…。
昔から技術力には定評のあるサンソフトですが、その中でも後期に発売された『ギミック!』はアクションゲームとしての質の高さの割に、発売時期がスーファミの『ロマンシング・サガ』と被っていたというのあり、それ程出回らなかったのか、未だにプレミアソフトに名を連ねています。

さて、一方の『ドッジ弾平』はと言えば、ファミコンのみならずPCエンジンでも発売されるほどのヒット(?)アニメでしたが、ファミコンソフトの市場価値と言えば、『いっき』や『アトランチスの謎』よりも数段劣る、普通のレトロゲームタイトル。


ゲーム自体は大したことないのですが、基盤に見るサンソフトROMの歴史を見ると、『ドッジ弾平』で使用されている基板は FME-7、『ギミック!』は SUNSOFT 5B が使われています。
違いはと言うと、SUNSOFT 5B は「FME-7 +音源拡張機能」であり、モノとしてはどちらもマッパー69。
しかし、ばくてんさんの記事によると、どうやら『ドッジ弾平』にも SUNSOFT 5B が使われていたとの事。

これを知ってから各所で探していましたが、久々に行った近所のショップでようやく『ドッジ弾平』を発見。
レトロゲームの値段が比較的高いので敬遠してましたが、まさかここにあろうとは…。

fc_danpei01.jpg

さて、早速分解してみました。

次ページへ≫
積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます