PR
TOP > 【ゲーム】 PC用USBパッド
先日購入したXbox360用の鉄拳6版『リアルアーケードPRO.EX(RAP.EX)』。
この天板イラストが気に入らないので自作しようといろいろ探したところ、自作方法は出てくるものの、元となるテンプレートを公開しているところがなく四苦八苦。
ようやく見つけた天板試作人さんで公開しているテンプレートも、よくよく見ると、ボタンの配置が違います。

仕方がないので、天板をバラしB4サイズのスキャンをかけ、元からトレースしてみました。

スキャンからのトレースなので、微妙に狂っているかもしれません
スキャンからのトレースなので、微妙に狂っているかも(クリックで拡大)

黒で塗りつぶされたところが実際の盤面になります。
制作手順にて「ステッカーは縦横1~2mm大き目に印刷するのがベター」とあったので、2mm分の白縁をとりました。
ボタン穴の部分は鉄板の穴に合わせたので、実際は1mmくらい大きめに開けても大丈夫かと。

元々シールに印刷をしようと思っていましたが、どうやら紙に印刷して、上からカバーを載せた方が良さそうです。


▼天板自作に必要な材料
 ・アクリル板/ポリカーボネート板/塩ビシートのいずれか(厚さ1.5mm)
 ・写真用紙(絹目調)B4サイズ
 ・ロータリーカッター
 ・コンパスカッター

紙サイズについてはB4サイズまで印刷できる環境であれば一枚で、A4サイズまでしかできなければ分割して印刷してください。
「ロータリーカッター」とはカーブをキレイに切れるカッターで、100円ショップでも売っていました。


さて、テンプレートは作れましたが、肝心のデザインをどうしようか迷いました。
とりあえず、こちらにあったASTORO筐体版が気に入ったので、これを参考にデザインも自作。

バーチャとかでお馴染みの『アストロ筐体』デザイン
バーチャとかでお馴染みの『アストロ筐体』デザイン

現物を見る為だけにわざわざゲーセンに行って写真を撮ってきましたが、見るとお馴染みの「SEGA」ロゴがありません。
とりあえず、コチラからロゴを拝借し、真ん中に配置。
それっぽくなったところで、本日の作業は終了。

あとは、ロータリーカッターとコンパスカッターを上手く使えるかが問題です。
初代Xboxパッドが欧米仕様のためか、やけに大きくまったく手になじまないので代替商品があるか検索中、Xbox・PS2・GCのパッドが使えるPC用USBコンバータを発見。

Xboxはもちろん、ゲームキューブが使えるのはレア
一つでXboxPS2GCのパッドが使える

前回のN64パッドの件もあり、「もしかしたら使うこともあるかも」と楽天で探してみたところ、エレコムわけありショップにて通常価格3,570円のところ、特価の840円で扱っていたため、予備を含めて3つを速攻購入しました。
販売終了品のうえ数量限定なので、欲しい人は早めに購入しておくことをお勧めします。


この商品、Xboxはもとより、ゲームキューブのパッドがPCで使える数少ない(唯一)のコンバータです。
今はまだスペック的に厳しいかもしれませんが、将来的にGCエミュレータDolphin』が実機と同等の速度が出るようになった時にあわてなくても良いように準備しておきましょう。
ようやくN64パッドが手に入ったので、以前から狙っていたN64パッドUSB変換コネクタ『PSX+N64 USB CONVERTER』を購入しました。ゲームバンクにて価格改定で980円です。

N64パッドが使えるのは貴重
N64パッドが使えるのは貴重

ちなみに、PSパッドとN64パッドの両方使えます。お得。


使い心地を確かめるべく、早速、N64エミュレータProject64 v1.6と、N64エミュレータで使用するジョイスティックプラグイン『N-Rage DirectInput8 Plugin、ついでにProject64の日本語化パッチをねこかぶさんのサイトからダウンロード。

まずは普通にPCに繋ぎ、接続テスト。
『コントロールパネル』の『ゲーム コントローラ』をチェックしてみたところ、4軸16ボタンジョイスティックとして正常に動作していることがわかります。
尚、ドライバーもここからダウンロードできるようですが、特にドライバー無しでも認識してくれました。

ただし、買ってから知ったのですが、「N64コントローラーの仕様によっては未対応の場合がある」とのことです。


その後は、Project64での設定になります。

【プラグインの使用】
上部メニュー『Options』 → Settings
 → Input (controller) plugin → 『N-Rage's DirectInput8 V2』を選択 → OK

【デバイスの使用】
上部メニュー『Options』 → Configure Controller Plugin...
 → 中段『Devices』タブ → 右側GamePadのDevice → 『4軸16ボタンジョイスティック』を選択

【キーの割り当て】
中段『Controls』タブ → (各キーを割り当て) → save


これで念願だった“N64パッドでエミュレータ”が実現しました。
しかし、実際に使ってみると3Dスティックに何か違和感が…。
調べてみたところ、3Dスティックのギアとスティック周りにシリコングリスを塗ると良いとの事。
これでだいぶ動きが変わるらしいので、早速タミヤのグリスを買ってこようと思います。

ただ、欲は深いもので、念願が叶うともっとこう…Adaptoidが欲しいな、と。
この記事はリアルタイムで読んだものの、当時はあまりN64に興味がなかったからなぁ…。


(追記)
Adaptoid』ですが、海外のZTNet Storeを見ると、細々と販売は続いているようです(ページ翻訳からの意訳ですが)。
海外発送してくれるのならば欲しいところですが、またG-take.comで扱ってもらえないものでしょうか。
次ページへ≫
積みゲーマーの証
ソーシャルブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに登録 @niftyクリップに登録
ブログ内検索
カスタム検索
PR

オススメ記事
・ω・)ノ 彡 最新記事ヘッドライン
test
タグクラウド
はてブ人気エントリー
Rockn'nゲーム三昧のはてブ数
月別アーカイブ
管理人メモ
play-asia
■play-asia
海外版ソフトを買うならココ。
いろんなソフトが週一で超特価になるので、毎週チェック。

UGキングダム
■UGキングダム
各種ゲームパーツなどの怪しいグッズを買うならココ。

Yahoo!外国為替換算
レート計算の際はこちらから。
現在の閲覧ユーザー数
現在の閲覧者数:
Twitterやってます